金利上昇への警戒感広がり株高に失速の懸念

米国株価指数が1週間ぶりの安値を記録

18日の米金融市場ではS&P500種株価指数が約1週間ぶりの安値を付け、米国債利回りは上昇した。借り入れコストの上昇により、バリュエーションを歴史的水準に押し上げてきた株高が失速するのではとの懸念が高まっている。

新規失業保険申請件数も4週間ぶりの高水準に

ハイテク銘柄が中心のナスダック100指数は3日続落。S&P500種は1月29日以来の大幅安となり、業種別指数ではエネルギーとコミュニケーション・サービスの下げが目立った。朝方発表された先週の米新規失業保険申請件数は、4週間ぶりの高水準に増加した。ウォルマートは従業員の給与や自動化などのテクノロジーに関連して追加支出を見込むと明らかにした後、株価が下落した。

S&P500種は前日比0.4%安の3913.97。ダウ工業株30種平均は119.68ドル(0.4%)安の31493.34ドル。ナスダック総合指数は0.7%低下。

ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.296%。日中は英国債下落を背景に、1.31%台に上昇する場面もあった。

ブリークリー・アドバイザリー・グループのピーター・ブックバー最高投資責任者(CIO)は、「この金利上昇が強気派の度胸とスタミナを試すのは間違いない」と指摘した。バリュエーションの伸長が目立っていたテスラなどのテクノロジー銘柄は、相場が調整入りした場合のリスクが最も大きいとみられている。

次ページ米ドルも原油も安く、金価格は上昇
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT