金利上昇への警戒感広がり株高に失速の懸念

米国株価指数が1週間ぶりの安値を記録

18日の米金融市場ではS&P500種株価指数が約1週間ぶりの安値を付け、米国債利回りは上昇した。借り入れコストの上昇により、バリュエーションを歴史的水準に押し上げてきた株高が失速するのではとの懸念が高まっている。

新規失業保険申請件数も4週間ぶりの高水準に

ハイテク銘柄が中心のナスダック100指数は3日続落。S&P500種は1月29日以来の大幅安となり、業種別指数ではエネルギーとコミュニケーション・サービスの下げが目立った。朝方発表された先週の米新規失業保険申請件数は、4週間ぶりの高水準に増加した。ウォルマートは従業員の給与や自動化などのテクノロジーに関連して追加支出を見込むと明らかにした後、株価が下落した。

S&P500種は前日比0.4%安の3913.97。ダウ工業株30種平均は119.68ドル(0.4%)安の31493.34ドル。ナスダック総合指数は0.7%低下。

ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.296%。日中は英国債下落を背景に、1.31%台に上昇する場面もあった。

ブリークリー・アドバイザリー・グループのピーター・ブックバー最高投資責任者(CIO)は、「この金利上昇が強気派の度胸とスタミナを試すのは間違いない」と指摘した。バリュエーションの伸長が目立っていたテスラなどのテクノロジー銘柄は、相場が調整入りした場合のリスクが最も大きいとみられている。

次ページ米ドルも原油も安く、金価格は上昇
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT