28歳「岩谷麻優」が女子プロレスで掴んだ生き様

引きこもりでポンコツだった彼女が変われた訳

「引きこもりでポンコツだった」。そう語る岩谷麻優さん(28歳)。今や女子プロレスのアイコンと呼ばれるほどのスターが歩んできた激変人生とは?

この記事の画像を見る(13枚)
これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむが神髄を紡ぐ連載の第90回。

女子プロレス団体「スターダム」のアイコン

岩谷麻優さん(28歳)は、女子プロレス団体「スターダム」に所属するプロレスラーだ。

この連載の一覧はこちら

人気と実力を兼ね備えたレスラーで、団体内のベルト獲得や大会での優勝はもちろん、海外でもベルトの奪取に成功したり、東京スポーツ新聞社が発表する2019年度の「プロレス大賞」では女子プロレス大賞を受賞したりしている。

団体の1期生でもある彼女は、今やスターダムのリーダー的存在でもある。あだ名は「スターダムのアイコン」だ。つまりスターダムを、ひいては女子プロレスを“アイコン=象徴”する存在として名付けられた。

あだ名は「スターダムのアイコン」

そんな彼女が2020年に自伝を上梓した。タイトルは

『引きこもりでポンコツだった私が女子プロレスのアイコンになるまで』(彩図社)

である。

天真爛漫で順風満帆に見える彼女が、かつては自宅に引きこもっていたり、ポンコツと呼ばれていたりしていたとは、にわかには信じられない。

岩谷さんにどのような苦悩の時代があったのか、そしてどうやってそこから脱却して人気レスラーになったのか、話を聞いた。

岩谷さんは山口県で生まれた。

周りは田園しかない田舎町だったという。

「最寄りのコンビニまで徒歩40分くらいかかりました。ただ、生まれたときから、ずっとその環境だったので、不便だなとは思っていませんでした」

子ども時代はとにかく2人の兄のマネをしたかったという。兄が町の柔道の道場に通っているときには、一緒に通った。

中学校になって、陸上部、テニス、弓道をはじめたのも兄の影響だった。

「柔道はやっていましたけど闘争心はなかったんですよね。プロレスはじめたときに受け身も取れなくなっていて『本当に柔道習っていたの?』と信じてもらえませんでした(笑)。成績もよくなかったです。小学校の頃に『勉強なんてやっても意味ないな』って悟ってしまって、それ以来授業はサボっていました」

中学校に入っても授業はサボリ気味だった。

学校には給食だけを食べに行き、友達と遊んで、部活をやって帰ってきた。

学校にいる短い時間に、ヤンチャをしてたびたび問題を起こしていたという。

「教室でサッカーをしてガラスを割ってしまったり、机に彫刻刀で『なかよしニコイチ』と彫ったりしては問題になり、母が学校に呼び出されていました。中学の頃は私より母のほうが学校に通っていたと思います」

先生には、

「このままではどこの高校も受からないぞ」

と言われていた。結局、いちばん学力水準が低い高校を受けてなんとか合格した。

「でも高校時代はめちゃくちゃ楽しかったんです。サッカー部のマネジャーをやっていて、部活終わりに部室に残って、みんなで遅くまでしゃべったりして、青春してました」

次ページ自主退学して2年間の引きこもり生活に
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT