営業マンは社長になれるキャリアです--『トップ営業のフレームワーク』を書いた高城幸司氏に聞く

営業マンは社長になれるキャリアです--『トップ営業のフレームワーク』を書いた高城幸司氏に聞く

私は営業セミナーなどの活動を通して、毎日、たくさんの営業マンと話をしています。そんな中で、ときどき愕然とすることがあります。世の営業マンたちは、どうも営業という仕事を自らバカにしているようなのです。

営業は優秀な人がやる仕事ではない!? 冗談じゃない、営業ほど「考え抜く」仕事はない

「営業の仕事をどう思っている?」と尋ねると、だいたい次の2つの答えが返ってきます。

(1)会社にとってなければいけない仕事だが、優秀な人がやる仕事ではない。
(2)一時的にやる必要はあるが、将来的に管理職になるための通過点である。

新卒の就職活動をしている大学生に尋ねても、「営業が第一志望」であることはまずありません。

彼らが志望するのは、財務や経理、人事、総務、広報など、本社のバックオフィス系。あるいは、マーケティングや商品企画など営業部門の後方支援的な仕事です。いずれも知的なイメージで専門性が高いことが人気の要因です。

それに比べて、営業は知的でなく、どちらかというとブルーカラーに近いホワイトカラーのような仕事、というイメージを持っているようです。

高度な知識は必要ない。専門性が低い。長く続けたところでツブシの利くスキルは身につかない。自分が成長できない。だから、多くの営業マンは、今は仕方なく営業の仕事をやっているけれども、いずれは希望の職種に就きたい、と心の底で思っていることが分かってきました。

これは大きな誤解です。

かつてリクルートの営業マンとして6期連続トップの業績を取ったこともある私としては、非常に残念な認識であり、この誤解をどうしても解きたいと思いました。いえ、解かねばならないという使命感に駆られました。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT