「猫弁護士」語るズーム法廷で珍事が起こった訳

フィルターが外せず、オモシロ動画の殿堂に

リモート裁判で猫のフィルターが外せず一躍有名になった弁護士、ポントン氏が”あの日”のことを語った(写真:YouTubeより)

それはどこにでもある民事没収事件の審理だった。弁護士が猫であることを除いては――。

通常、猫に法廷弁論は許されていない。猫の正体は、テキサス州プレシディオ郡の弁護士ロッド・ポントン氏。テキサス州第394区地方裁判所が行ったリモート裁判で、ビデオ通話システムZoom(ズーム)の猫フィルターを外せなくなっていたのである。

「BBCパパ」と並ぶケッサク

動画は瞬く間にネットで大人気となった。同様のオモシロ動画としては、イギリス公共放送BBCの報道番組に出演中の大学教授の部屋に子どもがちん入する「BBCパパ」が古典的ケッサクとして殿堂入りしているが、猫弁護士の動画もその仲間入りを果たした。コロナ禍で苦しむ世の中に、無害な笑いが注入された格好だ。

ポントン氏はかなり恥ずかしかったはずだが、その声は明るい。「多くの人々が苦しい思いをしている。そうした中で皆さんにつかの間の笑いを提供できるのなら、喜んで犠牲になりますよ」。2月7日午後、同氏は電話取材にこう語った。

ネット上で共有された動画は1分にも満たないが、コメディーは秒単位で展開していく。綿密な台本が存在するのではないか、と疑いたくなるくらいの完成度だ。

動画はロイ・ファーガソン判事がポントン氏にこう呼びかけるところから始まる。「ポントンさん、フィルター設定がオンになっているようですが」。

「あああ」と声を上げる子猫姿のポントン氏。そのさみしそうな目は、恐怖と恥、そして哀れっぽさでいっぱいだ。「判事、聞こえますか」と同氏は尋ねるが、問題は音声ではない。

次ページ猫のまま審理を進めてもいいですか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT