日本人に3ナンバー車は余りしっくりこない訳

5ナンバー車や軽が売れる鍵はサイズ感にあり

狭い日本の道路・駐車場事情を考えれば当然かもしれないが……(写真:彩恵/PIXTA)

今日の日本の自動車市場について、改めて認識させられるのは、5ナンバー車の需要がいかに多いかである。

昨年1年間の新車販売で、ベスト15のうち10台が5ナンバー、もしくは5ナンバーを基にしながら3ナンバーも含む車種であった。これに軽自動車を含めると、5ナンバー需要はなお圧倒的強さを持っているといえるのではないか。

それであるのに、大衆車として5ナンバーを維持してきたトヨタ自動車「カローラ」が、現行でついに3ナンバー化した。

ただし、プリウス同等の大きさに抑えることで、昨年の新車販売で堂々の3位を得ている。これには、車種を限定しながら前型の5ナンバー車も併売したことも関わっているだろう。また、3ナンバーのハイブリッド車(HV)であるトヨタ「SAI」から現行カローラのHVへ買い替えた世帯が拙宅近くにいる。増減を取り混ぜながら、カローラというブランドの強さが表われているといえる。

なぜ新車が次々3ナンバー化していったのか

それでもなお、14位のトヨタ「アクア」が、2011年の誕生から10年近くを経ているにもかかわらず、月販5000台近くを売り続けているのだから、単に新車効果、SUV効果というだけでなく、5ナンバー車に根強い人気があることは間違いないだろう。

それにしても、なぜ、新車が次々に3ナンバー化していったのか。

現在も継承される小型乗用車(5ナンバー車)の規定は、1960(昭和35)年の道路運送車両法によって定められた。車体全長4.7m以下、全幅1.7m以下、全高2.0m以下で、搭載するガソリンエンジンの排気量は2000cc以下である。

ただし、ディーゼルエンジンは排気量を問わない。今日のディーゼルターボが普及する前は、ディーゼルといえば力はあるが、伸びがなく、高速走行に向かなかったので、排気量をより大きくすることを許したのだ。

次ページクルマの区分はどう始まった?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT