株主に届かなかった神戸製鋼経営陣の危機感

関心があるのは増資よりも復配?

神戸製鋼の株主総会が開かれた、神戸市内の会場

6月25日、神戸製鋼所は神戸市内で定時株主総会を開いた。好天に恵まれたこともあり、出席者は921人(前年は670人)と、2009年度(822人)を超え過去最高を記録した。

同社は円高是正やアベノミクスの恩恵を受け、2013年度は2期ぶりに最終黒字を計上。年間で4円という復配も果たした。一方で、3月には鉄鋼事業の収益力強化を目的に公募増資を断行。市場から831億円を調達し、株式の希薄化率は17%にも及んだ。株価も冴えない展開が続いている。

総会の冒頭30分ほどかけて、川崎博也社長が2013年度の業績や中期経営計画の進捗を説明。質疑応答では昨年同様、12人の株主から19の質問があがった。

復配を評価する株主も

最も多かったのは、株主還元策と発電事業のリスクに関する質問。会社側はそれぞれの質問に「株主還元と成長投資のバランスを考えて検討していきたい」「3カ月遅れで(電力の外販)価格に転嫁しており、リスクを負う契約にはなっていない」と説明した。

ほかには『会社四季報2014年新春号』(2013年12月発売)が2013年度の配当を1~3円の復配と予想していたのに対し、会社側が4円配を実施したことを「よく努力された」と激賞する株主もいた。

次ページ会場の空気が一変した質問
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT