野球界が今になって「指導者資格」導入の危機感

山中正竹氏に聞く日本野球の未来像(上)

BFJがU12ライセンスの導入を決意した背景には、言うまでもなく「野球離れ」という厳しい現実がある。

「今説明したように野球界はサッカーのような大きな負の経験をしないままに来てしまった。繁栄にあぐらをかいていたという部分はあったかもしれません。そんな中でも一部の人は、先が見えていて、未就学児に球遊びを教えようというような提言はしていましたが、繁栄していたころは注目されなかった。

でもようやく、最近は普及活動が本格化しています。2018年でいえば、普及振興活動は、プロからアマチュアまでを含めれば、4985件の活動をして、延べ260万人が参加しています。2019年も同じくらいの数字でした。例えば大分県の高野連が呼び掛けて、明豊高校などが子どもたちに野球を教え始めたし、DeNAなどプロ野球も積極的に活動しています。頭が下がりますが、アピールの仕方はうまいとは言えないですね。

サッカーやバスケットボール、武道などがどんな活動をしているのか学ぶとか、選手会がアピールするとか。地道な活動を組織として支えることが必要でしょう。野球界でも若い人が問題意識をもって取り組むようになりました。これをやり続けないと未来はないでしょう。そのときに大事なのは、選手を真ん中に置いて考えること。『プレイヤーファースト』と言いますが、私は『プレイヤーセンタード』が重要だと思いますね」

ライセンス導入の持つ意味

U-12指導者資格は、山中氏らのこうした問題意識が具体的に実を結んだものと言えそうだ。

「すでに野球界には、指導者が何万人もいます。資格と言うと“勉強しなくてはいけない”“落とされたらどうしよう”という不安の声があがります。“なぜ必要なのか”と思う人もいるでしょう。もちろん、今の時点では必須にはしていませんが、ライセンスを持っていないといけない時代が必ず来ます。だから今から学ぼう、準備をしようということなんです。

ライセンスを持っている指導者が、すばらしい指導をし始める。“あそこの指導は今までの野球とちょっと違うぞ”となれば、選手も母親も注目する。“あそこに行けば野球を楽しく教わることができる。こんなことが学べる”となれば、選手はそちらに集まるでしょう。

今、野球に対する拒否感、拒絶感は確かに存在します。そんな中で“受講しないと仕方ないな”という状況を作っていこうと思います。まずは入り口の12歳から、そしてU-15世代や高野連など他のクラスの組織もそういうものの必要性を認めていけるような世界観を作りたいですね」

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT