ついに株価の短期下落が始まったかもしれない

「波乱の真犯人」は本当にロビンフッダーなのか

一部では「急騰した銘柄を空売りしていたヘッジファンドが、高値での買い戻しを迫られることで巨額の損失を被り、それを穴埋めするために益出しの反対売買を行うだろうから、それが市場をかく撹乱しかねない」との声もあるようだ。

ロビンフッダーは下げの「口実」に使われているだけ

しかしヘッジファンドが、買い持ちを投げ売りするのか、それとも同様に空売りしているポジションを「投げ買い」するのかは不透明で、必ずしも株式市況全体を押し下げる要因だとは決め打ちしがたい。

先週のFOMC(連邦公開市場委員会)後のジェローム・パウエル議長の記者会見では、こうしたロビンフッダーの動きについて見解を求める質問もあった。

そうした質問の背景には「連銀の生み出した過剰流動性が、ロビンフッダーによる個別株価の急激な動きをもたらしているのではないか」との懸念もあるようだ。だがこれまで「金余りだから株価はどんどん上がる」と騒いでいたのだから、今度は金余りで株価が下がる、と言われても、理解不能だと言える。

では、どう解釈すべきかと言えば、少し前まで、足元の景気や企業収益がもたついており、どんどん株価が上がる理由がなかったにもかかわらず、株価の勢いだけで「上がるから買う、買うから上がる」という状況に陥っていた。

だから今度は、どんどん株価が下がる理由がないにもかかわらず、株価が下振れしている、ということにすぎないのだろう。ただ、マスコミにとって、「理由もなく株価が上がっていたが、今度は理由もなく株価が下がりました」と報じることはできないため、後付けで無理矢理株価下落の要因を掘り出しこじつけた結果、ロビンフッダーが下げの「口実」にされている、ということだと考える。

一方、先週の株価反落の前までは「株価は企業決算に対する期待で上がっている」との解説が多くみられた。足元では日米の主要企業の決算発表が行われており、たとえば時価総額で世界最大のアップルが1月27日に2020年10~12月期の決算を発表したが、その内容は売上高が前年比21%増収、純利益同29%増益と好調だった。

次ページ「企業決算に期待」という曖昧な解説
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT