ついに株価の短期下落が始まったかもしれない

「波乱の真犯人」は本当にロビンフッダーなのか

主要国の株価がこのように反落したことについて、きっかけとして挙げられているものは主に2点あったと報じられている。1つは、アメリカのロビンフッド社の株式売買アプリにまつわるものだ。このアプリを利用した個人投資家が、特定銘柄に買いを集中させ、ヘッジファンドなどの売り方を担ぎ上げて株価を急騰させた。これが市場を混乱に陥れているため、投資家の懸念が広がって、アメリカ株が大きく下がった、と解説されている。

確かにこの事象は話題になっているし、関心が高くて当然だろう。こうした、個人投資家がSNSなどで情報を交換し、売り買いを特定の対象に集中させるという手法はこれからもっと広がっていくのだろうか。また今後、当局は監視し規制する対象とするのか、それとも経済的な自由の一環として放置するのか。ロビンフッド社自体が一時一部銘柄の売買を制限したが、そうした自主規制は今後も行われるのか、他にロビンフッド社のような企業が多く立ち上がっていくのか。同社のようなビジネスモデルの将来はどうなのか等々、大いに注目されるところだ。

株価の波乱は本当に「ロビンフッダーたち」のせい?

しかし、「ロビンフッドを活用した個人投資家の動きが特定銘柄の株価を急騰させたから、先週のアメリカの主要な株価指数が大きく反落した」と言われても、何のことだかわからない人が多いだろう。筆者もまったくわからない。

こうした「株式市場全体の市況反落は、ロビンフッダー(ロビンフッドを利用している個人投資家たち)のせいだ」という主張は、ツッコミどころが満載だ。

そうしたツッコミを挙げていればキリがない。だが、個別銘柄がロビンフッダーによって大きく下落したならともかく、大きく上がったことが、なぜ全体の株価の下落材料になるのか、わからない。

また、いわゆるGAFAのような、他の投資家が多く保有しており時価総額も大きい銘柄なら話は別だが、ゲームストップ(ゲームソフト小売り)やAMCエンターテインメント・ホールディングス(映画館チェーン)、ブラックベリー(企業向けソフトウェア開発)の株価がいくら上下に跳ぼうと、ニューヨークダウやナスダック総合指数を揺るがすとも思えない。さらに、なぜロビンフッダーの動きが日本株の下落要因になるのかまで来ると、まったく理解できない。

次ページヘッジファンドの巨額損失説は本当?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT