「図で考えるとき」に「パワポ」がNGな根本理由

思考を活性化させるのに「いい道具・悪い道具」

「図を描く」ことがなぜ思考力をパワーアップさせるのでしょうか?(写真:dolgachov/iStock) 
何かを考えるときに、図を描いて考えるといいらしい。そんな話を聞いてPowerPointを起動させた人もいるかもしれない。そして、思ったような効果が得られず、図を描くことに幻滅した人がいたなら、ぜひ伝えたいことがある。それは「図が悪いのではなく、ツールが悪かったのだ」ということだ。
外資系の事業会社やコンサルティングファームを経て、いまはビジネススクールで教鞭をとり、『武器としての図で考える習慣 「抽象化思考」のレッスン』を上梓した筆者が、図を描いて考える際に最適のツールと、使うべきでないツールについて紹介する。

なぜ図で考えるとうまくいくのか?

『武器としての図で考える習慣』を上梓してから、SNSなどでも「私も図で考える習慣を取り入れてみよう」といったコメントをよく見かけるようになりました。

『武器としての図で考える習慣 「抽象化思考」のレッスン』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

「図で考える」習慣は、振り返ってみると、私の人生の結構いろんな場面で役に立ってきました。

・打ち合わせのとき、紙やホワイトボードに図を描くとすっきり議論が整理できた

・レポートやプレゼンを作るとき、工夫した図を入れると、結構高く評価された

・悶々と難しい課題に悩んでいたとき、紙の上で図を描いていると、いいアイデアがひらめい

といった具合です。

今後皆さんが何らかの課題に直面したときも、図で考えることが、必ずお役に立つと信じています。

「図で考える」と言っても、何も大げさなことではありません。私が考える「図」のいちばんシンプルな定義は、「紙1枚(例えばA4)に描かれる線や丸や四角と言葉で表現されるイメージ」ということができます。

この場合の言葉は、長い文章ではなくキーワードや簡単な見出し程度のものです(読むのではなく、目に飛び込んでくるくらいのもの)。

定義してしまえばただそれだけのことなのですが、なぜそんな図を描くことが思考力をパワーアップさせるのでしょうか。それは、その紙1枚に描かれた図が思考の全体像になるからです。それは、現実から抽象的に切り出された本質的に大事なものであり、頭(とくに右脳)でいじることのできるイメージです。

次ページパワポは思考の流れを阻害する
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT