認知症の問題は避けて通れない、介護を取り巻く厳しい現実【特集・認知症と生きる】

認知症の問題は避けて通れない、介護を取り巻く厳しい現実【特集・認知症と生きる】

札幌市のグループホーム「福寿荘」のデイサービスに週2回通っている後藤静二さん(60)が、認知症の告知を受けたのは57歳のときだった。スーパーの社員食堂で調理師として働いていた後藤さんは、病気をきっかけに仕事を辞めた。「好きな仕事だったので悔しかった」。
 
 だが、「何かやっていないと自分がダメになってしまう」と、認知症になってから日記とクラリネットを始めた。いまでも北海道の民謡や流行歌など30曲は吹ける。日記は寝る前の日課となった。

「きちんと告知をしてもらって本当によかった。そのおかげで病気を受け入れ、自分の生き方を考えることができた」と後藤さん。

高齢社会の宿命ともいえる認知症。65歳以上の有病率は4~8%、年齢が高くなるとともに有病率も増加する(日本認知症学会編『認知症ガイドブック』より)。高齢者だけではない。後藤さんのように若くして発症する若年認知症も切実な問題だ。

認知症の介護の厳しい現実をいち早く取り扱った小説『恍惚の人』(有吉佐和子著)が刊行されたのが1972年。それから約40年が経ち、認知症に対する考え方がいま、大きく変わろうとしている。

「従来、ともすれば介護する家族など『周りの人の視点』で医療や介護が行われてきた。それが『本人の視点』を取り入れた医療・介護へと大きく転換している」

認知症の訪問診療を行うこだまクリニック(東京都品川区)の木之下徹院長はそう説明する。木之下院長は、地域で認知症ケアに取り組む介護者を支援するNPO「地域認知症サポートブリッジ」の会長も務めている。

これまで、「問題行動」と呼ばれていた徘徊や妄想なども、本人の視点に立って原因を考え、それを取り除くなど適切なケアを行うことによって、かなりの改善が見られることがわかってきた。いまでは「問題行動」という言葉自体が使われず、BPSD(認知症の行動・心理症状)と呼ばれるようになっている。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。