CSR企業ランキング2010年版--社会に必要とされる企業は、1位パナソニック、2位トヨタ自動車

CSR企業ランキング2010年版--社会に必要とされる企業は、1位パナソニック、2位トヨタ自動車

企業にとってもっとも重要なのは多くの利益をあげることだ。だが、そうは言ってもどんな稼ぎ方でもよいわけではない。法律は守らなければならないし、モラルも必要だ。そこで注目されるのがCSR(企業の社会的責任)。CSRに含まれる分野は法令順守、環境活動、社会貢献、人材活用など多岐に渡るが、これらを常に意識している企業は社会から必要とされ、長く生き残る可能性が高い。

東洋経済では、CSRデータと財務データを組み合わせたCSRランキングを毎年作成し、今年で4回目を迎える。CSRランキングとうたっているが、財務データを組み合わせているのは、利益をはじめとする財務力が企業経営のベースになるからだ。この「財務力」と「企業の社会的責任」を両立させることが「社会に必要とされる企業」の必須条件と考えている。

では、ランキング結果を見ていこう。

総合トップは544.6点でパナソニックだった。08年6位、09年3位と順調に順位をアップ。「雇用分野得点」8位、「環境分野得点」8位、「企業統治+社会性分野得点」3位、「財務分野得点」14位といずれもトップはないものの、「財務」以外はすべて10位以内。省エネ家電など強みを持つ環境分野に加え、大手メーカーとしては非常に高い女性管理職比率5.7%といった女性の積極的登用などで雇用分野の得点も高かった。


■上位200位までのランキングと、各評価項目の詳細、評価方法の詳しい解説はこちら(「投資お役立ちランキング」欄に掲載)

2位はトヨタ自動車(540.0点)。新型プリウスなどのリコール問題に揺れる同社だが、各得点を見ると強さは明らか。上場企業トップクラスの財務体質の強さ、他社をリードする環境技術など各分野とも高い得点となっている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT