バイデン新大統領が就任、異例の厳戒警備 

首都中心部ほぼ無人、州兵2万5000人以上動員

バイデン米新大統領の就任式が行われた20日、首都ワシントンでは州兵など2万5000人以上を動員して厳戒態勢が敷かれ、大統領就任を祝福する市民らの姿が見られない異例の式典となった(2021年 ロイター/ANDREW KELLY)

[ワシントン 20日 ロイター] - バイデン米新大統領の就任式が行われた20日、首都ワシントンでは州兵など2万5000人以上を動員して厳戒態勢が敷かれ、大統領就任を祝福する市民らの姿が見られない異例の式典となった。

ダウンタウンには多くの場所に防護フェンスが設置され、議事堂周辺ではライフルを手にした州兵が有刺鉄線柵の後ろで警備する物々しい様子が見られた。

式典では、民主党のクロブシャー上院議員が「きょうはわれわれの民主主義が立ち直り、ほこりを払いのけ、米国が常に行うことを行い、国として前進する日だ」と述べた。

今月6日には議会議事堂を襲撃され、警官を含む5人の死者が出たが、一部の右派過激派グループはバイデン新大統領の就任式を混乱させる考えを示していた。アナリストは、過激化した個人による攻撃の脅威は懸念されるものの、組織的な攻撃の兆候はほとんどないとしていた。

防護柵近くでは小規模な抗議デモが見られ、参加者は「バイデンが米国を地獄に連れて行きたいなら、すぐに行け」などと叫んだ。

国立公園局によると、議事堂とホワイトハウスを結ぶパレードのルートで計画されていた2つのデモが中止された。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で人の集まりが制限されていることに加え、治安上の予防措置で、議会周辺は多くの通りが無人状態になり、共和党のフレーク元上院議員は「こういう状態を目にするのは痛ましい。街全体が封鎖されてしまった」と述べた。

他にも、隣接するバージニア州とワシントン間の橋やダウンタウンの地下鉄駅が閉鎖された。

バイデン氏は就任演説で「暴徒らは暴力で人民の意志を黙らせ、われわれの民主主義の機能を止め、この聖なる地からわれわれを追いやることができると考えたが、それは起きなかった。今後も決して起きない」と強調した。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT