「英語のジョーク」が日本人にはつまらない理由

外国人の発想がつまらないというより言葉の壁

もう1つ、ビジネスにも応用がきくジョークの種類をご紹介します。それは「Good news bad news」です。折角なので医者と患者のやり取りを使ってみます。

Doctor: I have some good news and bad news. The good news is that your tests show that you have 24 hours to live.
Patient: That's the good news? What's the bad news?
Doctor: The bad news is that I forgot to call you yesterday!
医師:いい知らせと悪い知らせがあります。いい知らせは、あなたは余命24時間ということです。
患者:それのどこがいい知らせなんです? じゃあ悪い知らせは?
医師:悪い知らせは、それを昨日電話するのを忘れていたことです。

ビジネスの場でもいい知らせと悪い知らせは得てして同時にやってきます。例えば、
「いい知らせと悪い知らせがあります。いい知らせは、A社と大型の商談をまとめました」
「そうか!で、悪い知らせは?」
「わが社の原価よりも安い値段を要求されています」
こんな感じですね。

上司に報告しにくい時などはこの「Good news bad news」をつかって報告すると比較的穏やかに話を聞いてくれるかもしれません。ただ、ジョークで落としてしまってはまずいこともありますので注意しましょう。

気をつけたい「エスニックジョーク」

ピンチをジョークで切り抜ける、というのも英語圏のビジネスの世界ではよくあります。以前国連でスピーチしていた麻生首相(当時)が、通訳の機械が故障してしまった時に、「It's not a Japanese machine, I think. No?(これは日本の機械じゃないでしょう?)」と言って場を和ませたエピソードが有名ですね。

最後に、ネットなどで英語のジョークを調べると意外と出てくるのが、俗に「エスニックジョーク」といわれるシリーズです。例えば、

「3カ国語を話す人のことは何と呼ぶの?」
 「トライリンガル」
 「2カ国語を話す人のことは何と呼ぶの?」
 「バイリンガル」
 「1カ国語しか話せない人のことは何と呼ぶの?」
 「●●●●人(自国の国名を自虐的に入れる)」

確かにちょっとクスッとしてしまうネタではあるものの、昨今こうした国や人種をステレオタイプに決めつけてしまうようなジョークはあまり言うべきでない、という風潮があります。特に英語のSNSの世界は、想像以上に世界とつながっていますので、思わぬトラブルに発展しかねません。ビジネスで英語を使う立場の人なら、こうした今の価値観がどこにあるのかということにも敏感であるべきでしょう。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT