大詰め迎えた郵政改革、なおも見えない将来像

大詰め迎えた郵政改革、なおも見えない将来像

郵政改革をめぐって、連立与党の呉越同舟ぶりが露呈した。3月24日、亀井静香郵政改革担当相、原口一博総務相の連名で発表した改革の基本方針などについて、政府与党内から異論が出る事態となったからだ。

公表された「基本方針」は、郵便貯金の預入限度額や簡易生命保険の加入限度額など。両担当相の合意に基づくもので、預入限度額を2000万円(現行1000万円)、加入限度額を2500万円(同1300万円)に引き上げる。

引き上げは日本郵政が強く要望する一方、民間金融業界がこぞって反対。中でも信金、信組など中小金融機関は預金流出から経営が脅かされるという懸念を高めていた。

亀井担当相はこれらに配慮し、「郵政改革法案成立時に限度額を引き上げて、それに伴う(民間金融機関からの)資金シフト状況を見て、施行時に(限度額を)上げるか下げるかを判断する」と発言。二段構えで臨む姿勢を示した。

改革の行方は霧の中

一方、政府から日本郵政(親会社)への出資比率は3分の1超、親会社から子会社への出資比率も3分の1超とする。つまり、株主総会での拒否権を持つことから、直接的には親会社の経営に、間接的に子会社の経営に政府の影響力が残る公的な企業体となる。

それどころか、政府が決定した日本郵政グループの株式上場凍結に明確な解除スケジュールがないため、当面は100%政府出資会社にとどまる。

定額貯金は民間金融機関に比べて金利メリットが乏しいものの、経済環境次第で、ゆうちょ銀行の公的な性質が「民間金融業よりも安心・安全」という印象を与え、預金シフトを誘発する可能性は否定できない。ただ発表当日、政府与党内から異論や批判が出ており、基本方針通り閣議決定されるかは不透明だ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT