「トランプ党」と化したアメリカ共和党の今後 「小さな政府・自由貿易」をポピュリズムが駆逐

印刷
A
A

大統領選が今日、実施されればトランプ氏が再び共和党予備選を制することは確実視されている。ポリティコ誌・モーニングコンサル誌が11月末に実施した世論調査ではトランプ氏に投票すると答えた共和党支持者は53%、2番目のマイク・ペンス副大統領の12%、3番目のドナルド・トランプJr.(大統領の長男)の8%を引き離している。他はいずれも5%未満である。

トランプ氏は仮に2024年大統領選に出馬する意向がないとしても、出馬をほのめかすことで共和党そしてアメリカ政治に影響を及ぼすことができ、政治献金も積み上がる。トランプ氏が、自分の意に沿わない共和党候補者のいる選挙区の予備選にトランプ支持派の刺客を送り込んだりすることも大いにありうる。

共和党はカントリークラブの政党には戻れない

共和党が「トランプ党」と化してしまっている今日、トランプ氏に逆らっても勝ち目がない。共和党出身のマーク・サンフォード元下院議員、ジェフ・フレイク元上院議員、ジャスティン・アマッシュ下院議員などはトランプ氏を批判したことで再選を逃した。ホワイトハウスを去った後のトランプ氏の影響力は低下する。だが、同氏に替わるトランピズムの代表格が登場するまでは、支持基盤を握るトランプ氏に共和党は振り回されるであろう。

共和党全国委員会は2012年大統領選での敗北を受け、翌年、「成長と機会プロジェクト(検死報告とも呼ばれる敗因分析報告書)」を発行し、同党の改革すべきことを列挙した。だが、トランプ大統領が推進してきた政策は、移民政策をはじめ敗因分析報告書の中の提言から大きくかけ離れたものであった。大統領選での得票率は過去8回中7回、民主党が共和党を上回った。ここまで大統領選で一党が優勢であるのはアメリカ史上初めてのことだ。

とはいえ2020年、大統領選以外の連邦議会議員選、州知事選、州議会選では予想以上に共和党が善戦した。白人の占める割合が減少するなどアメリカの人口動態が変わる中、いずれ共和党は戦略をまた見直さなければならない時代が来るであろう。しかし、トランプ氏の影響もありポピュリストの政党となった共和党が、再びカントリークラブの政党に戻る日はもう訪れないかもしれない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT