”波瀾万丈のキャリア”から僕が学んだこと

【キャリア相談 特別対談】 塩野誠氏×木村敏晴氏(下)

農業を志す若者の心得

塩野:都会を離れて、自分の気持ちやライフスタイルは変わりましたか。

木村:はい。昔から僕は意見がどぎついというか変わり者なので、それに辟易している人たちは、それがさらにひどくなったと言います(笑)。自分のやりたいことに素直になりましたね。

塩野:でもそれは、ストレスがなさそうでいいですね。

木村:そういうタイプのストレスはないですね。ただ純粋に農作業をしているときは、どうやっても時給500円は超えません。

塩野:どうやっても? それ自体は構造的な問題ではないのですか?

木村:そこはほかの仕事でバランスをとればいいと思っています。時給を上げるために加工品もやろうとか、GPSやトラクターを使って大規模にやろうとなった瞬間に、全然、面白くないことになっちゃうわけですよ。今の貨幣経済が本質的な価値とずれているので、しょうがない。たとえば、お茶碗1杯分のお米って、たぶん原価10円とか15円です。「ほんとか」と思いますよ。

――1日どれくらい農作業をしていますか。

木村:そうですね。1年中毎日はできていません。日本の法律では年間150日以上農業に従事する人が認定農家とかっていう規定がありますが、イメージではそれ以上はありますね。夏はだいたい毎日やっています。

塩野:最近、農業を志す若者が増えています。食品偽装の問題など食への不信感があるから、自分たちで本当にいいものを作りたいという想いがあるようです。そういう農業関係の仕事に従事したいという人に、「これだけは考えておけ」ということはありますか。

木村:一生誰にも会わず、頑張っている自分を見てもらえなくても、作物を作っていれば幸せならやったほうがいいと思いますね。「畑を耕している私を見て『いいね!』ボタンを押して」という人がすごく多いのですが、それは違う。日々の作業自体に、やりがいを感じられる、そこにベースがないと幸せにならないと思います。

塩野:農業そのものが好きかどうかってことでしょう?

木村:そう。今は承認飢餓社会じゃないですか。このご時世に若者が農業をやったら褒められそうという動機なら、やめたほうがいいですね。

次ページ農家の海外進出
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 小幡績の視点
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。