他人のモノが欲しくなる!?物欲刺激SNSの驚き

モノ情報サイト「Sumally」が狙う、新コマース戦略

:Sumallyは社内にたくさんのエンジニアを抱えていますよね。山本さんはテクノロジーに詳しいとは思いますが、技術畑の人ではないと思います。優秀なテクノロジー人材を確保し、活躍してもらうためにはどのような心掛けが必要なのでしょうか?

山本:う~ん。ある程度、技術のことを知っておく必要はあるとは思いますが、すべて理解することは無理なので、やっぱり優秀なCTO(最高技術責任者)に来てもらうことがいちばん大切だと思います。

:Sumallyの場合はどうやってスカウトしたのですか?

山本:Sumallyを立ち上げるとき、ルイ・ヴィトンを掲載しても、エヴァンゲリオンを掲載していてもそれぞれの世界観で見られるし、2つが並んでも違和感がないインターフェイスにする必要があると思ったのです。それを実現できるのは、当時、日本には中村勇吾さんしかいないと思って頼みに伺ったら、運よくお受けしていただくことができて。そのときに現場を担当してくれたのが、現在のCTOである北村慧太でした。北村は勇吾さんと「tha ltd.」を共同設立し、10年くらい勇吾さんと一緒に働いていた超優秀なエンジニアです。広告だけではなくサービスも手掛けたいということで、その後、Sumallyに合流することになりました。(※注:Sumallyの制作プロセスはこちらを参照)

:ほかにもたくさんエンジニアがいると思うんですけど、リクルーティングのコツは?

山本:とにかくナンパしまくるしかないですよね。よさそうな人がいたら、会社のビジョンや思いを話してみたり、会社に見学に来ないかと誘ってみたり。「僕たちこんな面白いことをしているんです。ワクワクしませんか?」ということを、とにかく伝えます。そこで、ピンっときてもらうところまでが僕の仕事で、スキル的に適性かどうかをチェックするのはCTOの仕事です。ですから、かなり飲みには行っていますね。

:「会社のビジョンがそうなら、ぼくはこういう仕事ができる」と手を挙げてもらうのを待つということですね。会社側から与えられるのはあくまでヒントだけであり、その人にとってSumallyがどういう場所になるかは技術者次第という部分もありますからね。飲み会にたくさん行っているなんて、経営者の鏡ですね(笑)。

日下部:採用だけではなく、山本が飲みに行くといい話を持ってくることが多いので、夜遅くまでオフィスにいると少し心配になることもありますね(笑)。

:エンジニアチームのモチベーション維持のために、どんなことをしていますか?

日下部:情報を共有することですね。あるフロントエンドエンジニアが言っていたのは、新規システムを公開しても以前の職場だったら出しっ放しになることが多かったそうです。でも、Sumallyは短いサイクルでどんどん改善していくので、やりがいがあると言っていました。自分の作ったものにお客さんがどのように反応し、どう改善すればさらによい反応が出るのかということを、Sumallyでは突き詰められますから。

山本:iOSとAndroid、Webの3つをすべて社内で回せるような態勢を作っています。僕たちの成長サイクルは、おおまかに「ユーザーが登録してくれる→want / haveを押す→それの情報がFacebookやTwitterに流れる→それを見たユーザーがSumallyに新規登録する」といったものです。デザインやシステムなどを試行錯誤することで、この成長サイクルをどれだけ早められるかがポイントになります。ウェブサービスの世界では、1%の改善をどれだけ積み重ねられるかが勝負なのです。1.01の1.01の365乗は約37.8倍なので、1日ひとつ1%の改善をすれば理論的には1年間で38倍近い成長が可能になります。

:そのサイクルを早めるために、社内にきちんとエンジニアやデータアナリスト、デザイナーを抱えておくことが強みになるということですね。

山本:強みというか、マストだと思っています。海賊マンガのONE PIECEと同じですよ。これから航海に出るというのに、航海士が外注だったらおかしいですよね(笑)。

:最後に今後の目標を教えてください。

日下部:僕自身は前職がミスミで経営や戦略を学びながら働いていました。それを生かしてSumallyを大きくしていきたいです。

Sumallyのオフィスは南青山の一軒家。左は嶋浩一郎

山本:最近、KADOKAWAとドワンゴの経営統合が発表され、ドワンゴのトップの川上さんが合併後の会社の指揮も執ることになりました。これまでもSumally自体は、会社としてサービスとして大きく成長させようという気持ちでやっていましたが、このニュースを見て刺激を受けたのが、個人としてももっともっと成長しないといけないということ。

つまりは、仮にSumallyが出版社や百貨店からM&Aしたいと言われることがあったときに、一緒になった後の組織の社長を委ねてもらえるような存在に、自分もならないとだめだなと真剣に思いました。売却するだけだと仕事として面白くなくなる部分があるかもしれませんが、合併後の組織を指揮できるとその部分での面白さも全然変わってきますし、ともあれ高い目線で引き続き邁進していきます。

(構成:宮崎智之)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT