地方創生成功の鍵は穏やかなカオスを作ること

100人の革新者を発掘したプロジェクトの要諦

イノベーションを起こす人材とは? 成功するイノベーターとはどのような人材か話をうかがった(写真:World Image/PIXTA) 
年々縮小の一途をたどる地方経済を活性化させる鍵は、「小さな革新者」を生み育てることにある。今回『イノベーターはあなたの中にいる 創造的起業家に変わる体験のデザイン』を上梓した野村総合研究所の齊藤義明氏と、楽天の創業期から多くのネットショップ出店者とコミュニケーションを取ってきた楽天大学学長の仲山進也氏が、地方を活性化させ、イノベーションを起こすために何が必要かについて語り合った。

もはや地方と東京の差は感じない

仲山進也(以下、仲山):今回は「地方活性化」がテーマの1つということですが、近年、地方と東京との間にある差や境界はどんどんなくなってきていると感じます。

『イノベーターはあなたの中にいる 創造的起業家に変わる体験のデザイン』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

僕は20年前から楽天市場の出店者さんと一緒に遊ぶ係をやり続けてきました。多くは全国各地の中小企業なんですが、本気度の高い人の割合を考えると、都心よりも地方のほうが大きいです。さらには面白い商売をやっている人も地方のほうが目立ちます。

齊藤義明(以下、齊藤):なぜでしょうか。

仲山:理由はいくつかあります。地方の出店者は、実店舗を長年経営している人、親の会社を継いでいる人などが多いんですが、お店の前を通る人がどんどん減ってゆくさまを直接見ていますから、「このままではいけない」とネットショップに活路を見いだして始めるケースが多いです。だから本気になりやすい。

もう1つ、地方の中小企業の出店者は、経営者が自らネットショップの店長をやっているパターンが多いんです。すると、経営者本人が重要だと思ったことはすぐに対応できるので、機動力が高い。一方で都心の出店者は、サラリーマン店長が上から言われて運営しているケースも多くなるので、本気度やスピード感に差が出がちなのです。

だから、地方は不利だという話はあまりピンと来ていなくて(笑)。そもそもネットショップという形態は、どこに会社があっても全国にいる人たちがお客さんになります。そうやってオンラインを前提に考えると、地方と東京をそんなに区別する必要はないのかなと。地方にいながら自由に働けるチャンスが広がっていますので。

さらに、地方の出店者の中でうまくいっている人たちには、共通点があります。それは一度東京に出て仕事をして、家業を継ぐため地元に戻ったような人たちだということ。

彼らと地方から出たことのない人たちとを比べると、まず、働くという概念が違います。東京で働くことを経験した人たちは、たくさん働くことが普通だと思っている。一方で地方にずっといる人たちは、比較的のんびりしているんですよね。

齊藤:僕も仲山さんと同じく北海道出身なので、その感覚はわかります。

仲山:それと、地方から一度出たことで、その地域の価値や魅力を客観的に認識できるという点があります。例えば、僕の故郷の旭川にある出店者さんは、会社の近所で撮った何気ない雪景色をメルマガやブログにアップするんです。

北海道から出たことのない人だったら、まず撮らない日常の風景ですが、北海道外のお客さんから「すばらしい景色!」という反応がくるんです。この「自分にとっては当たり前すぎて見落としている価値」に気づけるかどうかは非常に大きいと思います。

ちなみにそのお店では、ちょっとした遊び心で「雪オークション」をやったことがあります。近所の雪を、雪だるま型の発泡スチロールのケースに入れてオークションにかけたんです。すると、落札した鹿児島県のお客さんから、「子どもが人生で初めて雪を見て喜んだ」というメッセージが寄せられたそうです。これは、ずっと北海道にいる人では出てこない発想だと思います。

次ページ100人の革新者を発掘したプログラム
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT