ノープラン? テレ東"ガチ番組"が起こす奇跡

「YOU は何しに日本へ?」はイノベーションの宝庫!

インタビューだけで終わる人もいれば、空港の空いているスペースで芸(空手、歌、ダンス、モデルウォーキングなど)を披露してもらうこともあります。そして、日本で面白そうなことをやってくれそうな人には、その場で交渉して「密着」することになります。

この「密着ドキュメンタリー」部分が、番組の名物となっています。

前出のフリーメイソン潜入ドキュメントは、空港でインタビューしたフィリピン人の会社経営者が、たまたま「フリーメイソンの行事に参加する」と言うので、「ついていったら撮影できた」という代物です。

この密着ドキュメントからは、多くのスターが登場しました。特に人気が高いのは、予定を決めずに日本国内を旅する「ノープラン」の旅人たち。

自転車旅のマーティン(ドイツ)、徒歩旅のルーク(イギリス)、ニセコ旅のオイスティンとアーランド(ノルウェー)、そして最近では、指差し旅のアレクサンダーとジョナサン(デンマーク)。ネット上でも大人気となりました。

番組のヒット企画も「ノープラン」ですが、この番組のヒットの理由も「ノープラン」なところです。日本のテレビ番組は、特に確固たる戦略は立てずに制作されるものがほとんどですが、「YOU」に限って言えば「ノープラン」を極めたことが、逆に戦略となって功を奏したといえそうです。

ボビーのナレーションのすごい威力

「YOU は何しに日本へ?」は、テレビ界にイノベーションを起こしている番組だと前述しましたが、ここでは、テレビ界の常識を破壊している象徴として、筆者が気づいた点を4つ紹介したいと思います。

①ボビー・オロゴンのナレーション
②制作側の「設定」がない
③起承転結の「結」がない密着が多い
④低予算なのを隠さない

ひとつ目のナレーションですが、これは筆者がいちばん驚いたことです。なぜなら、「ナレーターは美しい日本語を話さなくてはならない」というテレビ界の常識をぶち壊してくれたからです。普通のスピードで話すと何を言っているのかわからなくなるからか(?)、ナレーションはかなりゆっくりめ。しかも通常の番組に比べると、ナレーションの尺(時間)は、短めです。最初は、「なぜボビー?」と思いましたが、耳で聞いただけで、「外国人の番組だ!」とわかる効果は絶大です。

2つ目の「設定」がないのは、「進め!電波少年」(日本テレビ系)や「サバイバー」(CBS)、「シンプル・ライフ」(米FOX)などアメリカのリアリティ番組との大きな違いです。通常、こうした密着ものは、制作側がある設定を用意します。「この島で暮らす」「ここで貧乏な暮らしを体験してみる」「マンデラ大統領に会いにいく」……。

次ページ制作側にかかる、ものすごい労力
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT