40代女性が騙された「遠距離恋愛」の詐欺手口

国際ロマンス詐欺で「470万円」送金するまで

「国際ロマンス詐欺」はどのように行われているのでしょうか(写真:JADE/PIXTA)

コロナ禍で人と出会う機会も減り、婚活もままならない中、ネットでの出会いを求める人を狙った詐欺が多数報告されています。そのうちの1つが「国際ロマンス詐欺」です。国際ロマンス詐欺とは、「ネット上での出会いを通じて知り合った海外の相手に恋愛感情を抱かせて、金をだましとる手口」です。

もしかすると「外国人の軍人になりすまして『安全な日本に暮らしたいので日本に荷物を送った。その代金を立て替えてほしい』と、お金を取る手口でしょ。わかっているからだまされない」と、思う人もいるかもしれません。しかし、手口を知っていたはずの人たちも、次々に詐欺の毒牙にかかっています。

というのも、もはやなりすます職業は、軍人だけでなく、医師、エンジニア、投資家など多岐にわたっています。また、これまではアメリカ人、オーストラリア人などの白人を名乗る人物による犯行が目立っていましたが、最近は韓国人、台湾人などのアジア人を名乗る事例も報告されています。

ある日、インスタに届いたメッセージ

「彼を信じたい気持ちから、あれよあれよという間に、2週間で約470万円を送金してしまいました。本当にバカでした」

うっすらと涙をにじませながら語るのは、一般企業に勤める40代女性です。英語が堪能で話す口調もしっかりしているこの女性が、なぜだまされてしまったのでしょうか。そこには巧妙な詐欺の罠があったからです。

きっかけは9月中旬にインスタグラムに届いた、1つ年上のデンマーク人の男からの「ハロー」というメッセージでした。今回はSNSからのアプローチですが、国際ロマンス詐欺はマッチングアプリ、出会い系サイトなど、人と出会えるあらゆる場で発生する可能性があります。

女性も「ハロー」と応じると「LINEで連絡を取り合いませんか?」と言われて、やりとりが始まりました。

男は土木技師をしており、2年半前に妻と離婚。現在は娘と2人で暮らしている、と自身について説明しました。最初は「今、何してる?」「今日は仕事?」という、たわいもないメッセージを送ってきましたが、ある時、夢を語り始めます。「国家資格を受けて、それに合格すれば、小さい頃からの夢だった自分の会社を持てるんだ」。女性はそれに「合格できるといいね」と返事をします。

次ページ「国際ロマンス詐欺」で仕掛けられる罠
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT