合計1250人逮捕した「名物刑事」の悔いなき人生

横浜のドヤ街・寿町で彼は今も生きている

・一係 殺人、強盗、傷害、暴行などの強行犯
・二係 選挙違反、贈収賄、詐欺などの知能犯
・三係 窃盗犯
・四係 暴力団
(注・現在の一般的な呼称は「捜査○課」。また、四係は一般的に「組織犯罪対策課」と改称されている)

寿町のひとびとの9割9分は善良な人たちだったと前置きしたうえで、西村は当時の心境をこう語る。

「刑事課に配属されてみると、寿町は別な意味でとても魅力的な町だったのです。魚の少ない川に竿を出すより、魚がたくさんいる釣り堀で竿を出したほうが効率がいいでしょう。当時の寿町は、たった300メートル四方の中で一係から四係まで、すべての仕事ができたんですよ」

わずか0.6ヘクタールの中に5000室を超える部屋があり、しかも部屋数の3倍もの人間が蝟集(いしゅう)していた当時の寿町は、犯罪者が身を隠すのに格好の場所であり、同時に、刑事にとっては“効率のいい釣り堀”にほかならなかったのだ。

張り込み

晴れて刑事になった西村は、まず、寿町の中に協力者を確保することから仕事をスタートさせた。

寿町には警察が苦手な人も少なくなく、路上で人が刺されるような事件が起きても、「さぁ、見てませんね」という反応が多かった。そんな環境で協力者を作るために、西村は一計を案じた。休日返上で、早朝から深夜まで寿町に張りついたのである。

1日中、覆面パトカーの中から寿町を観察していると、怪しい動きをする人物が浮かび上がってくる。ある日、その人物に近づいてこう耳打ちする。

「この前の夜、×××××に会っていただろう」

「ダンナ、何でそんなこと知ってるんですか」

「俺は細かいことは言わないけれど、何かあったら頼むよ」

まさに、刑事ドラマのワンシーンである。

後に西村は県警本部の機動捜査隊(初動捜査専門の刑事集団)に異動になるのだが、ここでは反対に、刑事ドラマには決して出てこない、地味な作業を毎日欠かさず行った。

次ページ「寿町は西村しかいない」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT