合計1250人逮捕した「名物刑事」の悔いなき人生 横浜のドヤ街・寿町で彼は今も生きている

拡大
縮小

ともあれ、寿町交番は500人もの暴徒に取り囲まれて、絶体絶命の危機に陥った。いくら屈強な警察官でも、わずか7、8人で500人を相手にはできない。伊勢佐木警察署に応援要請をする以外、打つ手はなかった。

暴徒はジリジリジリジリ包囲の輪を狭めてきた。命の危険を感じた西村の体の中で、何かが弾けた。

「私ね、スジの違うことをやられると、自分自身が見えなくなってしまうんですよ。私、残りの警官を全員交番の中に入れましてね、ひとりで交番前の段差に腰を下ろしたんです。開き直ったんですよ。そうしたら早速石が飛んできて、右の頬に当たりました……」

西村が少しでも動けば、暴徒に踏み殺されるかもしれなかった。一触即発のにらみ合いが続いた。西村はもはや、まな板の上の鯉の心境だった。

親分

すると、ある人物が暴徒をかき分けて西村の前に進み出てきた。それは、寿町界隈をシマにしているヤクザの親分だった。親分といっても、30を少し超えたぐらいの年齢だ。背後に若い衆をふたり従えていた。

暴徒がしんと静まり返ると、親分が口を開いた。

「ダンナ、どうしたんです」

どうしたもこうしたも、見てのとおり、一触即発の状態だ。すると親分は、暴徒のほうにくるりと向き直って、例の仁義を切る格好を取った。

「頼むから、帰ってくれ」

こうひとことだけ言うと、暴徒に頭を下げた。

「そうしたら、ものの10秒で500人からの暴徒がサーッといなくなってしまったんです。まるで、東映のヤクザ映画を見ているような気分でした。私ね、この親分とは疚(やま)しい関係は一切ないし、ヤクザを美化するつもりもないんだけど、このときに命を助けられたのは事実なんです」

暴徒が散ると、親分は再び西村のほうに向き直って、

「ダンナ、どっちが出世するか……お互い頑張りましょう」

と言い残して静かにその場を離れていった。親分のほうも、たったひとりで500人の暴徒と対峙していた西村に、何か感じるものがあったのかもしれなかった。

次ページ「なんだ、なんでもないじゃないか」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT