占い大国「スリランカ」住んでみたらどうなるか

結婚や就職の面接も占星術を重要視している

コロナ対策を徹底しているスリランカ(写真:ロイター/アフロ)

スリランカはインド東南に位置する島国です。国土は北海道の8割程度で、国民の約7割が仏教徒。日本からのアクセスは約10時間、中東・シンガポール・マレーシアからは4~5時間ほどで着きます。

小さな国土ながら8つもある世界遺産をはじめ、最近では世界的に有名な建築家ジェフリー・バワによる、自然と一体化したホテルでのリトリートや、アーユルヴェーダの施術も女性たちに人気です。

スリランカという国名は、現地の公用語であるシンハラ語で「Sri(光り輝く)Lanka(島)」と書きます。また、「光り輝く」という形容がつくほどスリランカは宝石が採掘される「宝石の国」でもあります。

とくにサファイアが有名で、ダイヤモンド以外はほぼ採掘されているのですが、こうした体験もできる観光業が今、コロナで大きな痛手を受けています。

スリランカは初期対応が早かった

一方で初動対応の速さは注目を集めました。政府はなんと感染者数が100人程度の時点でロックダウンを行いました。スリランカでは、2019年4月に教会やホテルを狙ったテロが発生したのですが、その際にもロックダウンをしています。国民をステイホームさせただけでなく、住宅の近くにスーパーやパン屋、薬屋、ATMなどをトラックやバスの移動型店舗に変えて走らせたのです。

政府と軍の行動の速さに驚かされますが、今回、国民も政府もこのケースを覚えていたので大きな混乱もなく行動できたようです。ちなみに、PCR検査は全国民無料ですし、もし感染して入院する場合も費用はかかりません。

次ページ免疫力アップの鍵はアーユルヴェーダ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT