妻が「家事をしない夫」と本気で離婚を考える訳 「男の家事」番組の急増にみる女性の強烈な怒り

印刷
A
A

なかでもホメ上手な妻は、夫に「この家事は妻より自分のほうがうまいかも」と思わせることで積極性を促せるもの。基本的に男性は、「自分がやることの意義を見いだしたい」という思考回路の人が多いので、「妻が喜ぶからやる」「自分のほうがうまいからやる」と感じさせることがポイントなのです。

最後にコンサルタントとして、「それでも家事をやらない、やりたくない」という男性たちに伝えておきたいことがあります。

仕事のできる人ほど家事も楽しめる

多くのメディアが“男の家事”というテーマを扱い、女性たちの怒りが沸点に達しつつある現状を踏まえると、「家事から逃げる」という選択はもはや通用しないでしょう。

「男女の性別で仕事と家事を完全に分ける」「専業主婦がすべての家事をやるのは当然」という発想は時代錯誤であり、現在の世の中には合いません。「仕事が忙しい」ことを理由に家事を避ける人をよく見かけますが、むしろ多忙なビジネスパーソンほど妻のサポートを必要とするだけに、すべてやってもらおうとするのではなく、自分ができるレベルの家事はやっておくほうがクレバーです。

余談ですが、私の自宅近くに住んでいる、ある大企業の社長は、ゴミ捨て、玄関、庭、風呂、客間の掃除を担当しているそうです。また、知人のある出版社編集長は、これまでも土日の家事を担当していましたが、コロナ禍をきっかけに毎週火・木曜の炊事も行うようになったそうです。この2人に「稼ぎの少ないほうが家事をしなければいけない」という発想はなく、すでに「仕事のできるビジネスパーソンほど家事を楽しんで行う」という時代に突入したのかもしれません。

もし「妻が家事に関する不満を抱えているな……」と感じたら、何か小さなことでも始めてみることをおすすめします。そんな小さな歩み寄りが妻の不満をやわらげ、怒りを防ぐとともに、信頼関係につながっていくでしょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT