ポエムに踊らされる人は頭が悪いのか?

ゆるふわだから巻き込める「あいまい性の合理性」

リクルートのCMに踊る人、踊らない人

常見さんがフェイスブックでこのCMを取り上げている知人を観察したところ、このポエムに反応する人としない人は、クラスター(集団)で分かれるという。

「熱くなっているのはリクルート社員とOBの半分と、リクルートにあこがれながらも入社できなかった人材ベンチャーやネットベンチャーの人。それ以外の大手企業の人や大学教職員、著者やライターは、『何、この何も言ってない感じ』『何、このリクルートの手のひらで踊らされる感』と冷静な反応だった」

つまり、リクルートのDNAを持つ人、すなわちベンチャースピリットにあふれた人が熱くなるらしい。

「まあ、私も朝礼で拳を振り上げて、『今日も売るぞー、オーッ!』『売って、売って、売りまくれ! オーッ!』と掛け声をかけるような世界にいましたから、気持ちはわかります。でも、『ゴールはひとつじゃない』とか言いながら、リクルートのヤツらは営業目標抱えて同じゴールを目指しているんですけどね(笑)」

あいまいさゆえに、さまざまな解釈を生む

それにしても、何も語っていないポエムに、なぜ人は踊ってしまうのだろうか。

常見さんは「ゆるふわな言葉であるがゆえに、さまざまな解釈を生んで、みんなが頑張れるし、みんなを巻き込める。『あいまい性の合理性』というものがある」と説明する。

ポエムで社員を鼓舞する企業は少なくない。企業がポエムを利用する背景には、労働環境の悪化もあるという。「あいまい性の合理性」によって全社員の気分を高揚させ、社員も一瞬でいいから元気になろうとする。いわば、ポエムはドリンク剤だ。

次ページ厳しい時代をサバイバルするためのポエム
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。