ポエムに踊らされる人は頭が悪いのか?

ゆるふわだから巻き込める「あいまい性の合理性」

リクルートのCMに踊る人、踊らない人

常見さんがフェイスブックでこのCMを取り上げている知人を観察したところ、このポエムに反応する人としない人は、クラスター(集団)で分かれるという。

「熱くなっているのはリクルート社員とOBの半分と、リクルートにあこがれながらも入社できなかった人材ベンチャーやネットベンチャーの人。それ以外の大手企業の人や大学教職員、著者やライターは、『何、この何も言ってない感じ』『何、このリクルートの手のひらで踊らされる感』と冷静な反応だった」

つまり、リクルートのDNAを持つ人、すなわちベンチャースピリットにあふれた人が熱くなるらしい。

「まあ、私も朝礼で拳を振り上げて、『今日も売るぞー、オーッ!』『売って、売って、売りまくれ! オーッ!』と掛け声をかけるような世界にいましたから、気持ちはわかります。でも、『ゴールはひとつじゃない』とか言いながら、リクルートのヤツらは営業目標抱えて同じゴールを目指しているんですけどね(笑)」

あいまいさゆえに、さまざまな解釈を生む

それにしても、何も語っていないポエムに、なぜ人は踊ってしまうのだろうか。

常見さんは「ゆるふわな言葉であるがゆえに、さまざまな解釈を生んで、みんなが頑張れるし、みんなを巻き込める。『あいまい性の合理性』というものがある」と説明する。

ポエムで社員を鼓舞する企業は少なくない。企業がポエムを利用する背景には、労働環境の悪化もあるという。「あいまい性の合理性」によって全社員の気分を高揚させ、社員も一瞬でいいから元気になろうとする。いわば、ポエムはドリンク剤だ。

次ページ厳しい時代をサバイバルするためのポエム
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT