ポエムに踊らされる人は頭が悪いのか?

ゆるふわだから巻き込める「あいまい性の合理性」

「意識高い系(笑)」がポエムに踊らされる

そうした意識の高いビジネスパーソンを「意識高い系(笑)」と揶揄する常見さんだが、実は自己啓発系のビジネス書やスキルアップ系のビジネス誌を愛読し、勉強会や異業種交流会にも積極的に参加していた、筋金入りの「意識高い系(笑)」である。転職を2回したのも、意識が高くてポエムに踊ったからだった。

「リクルート時代、『ここではないどこかに行きたい!』とか『俺が輝ける場所に行きたい!』と考え、『やりがい』を求めて飛び出しました。でも、1回目の玩具メーカーと2回目のベンチャー企業への転職で、年収が200万円ずつ下がった。『やりがい』なんて計算不能ですからポエムですよ。何やってたんだろうと思いますね。『やりがいを嫌いになっても、おカネは嫌いにならないでください』『みんな、ポエムのせいだ。』」

恐るべし、ポエムのパワー。

取材後、ホワイトボードに自作ポエムを書きなぐる常見さん

 

 
(撮影:尾形文繁)

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。