暖かくなると気になるあの虫… キッチン素材から駆除対策

日本列島に春の訪れが近づいてきたが、暖かくなると気になるのが虫の発生。特に台所をうろちょろするゴキブリは、多くの家庭で悩みのタネだ。

そんな憎らしい存在を寄せ付けなくするのが、高砂鉄工がJFE鋼板やアース製薬と共同開発した防虫ステンレス鋼板。虫よけの秘密は、蚊取り線香の成分でもある「ピレスロイド系防虫剤」にある。

ステンレスに防虫剤を塗布して、ゴキブリをシャットアウトする。実際に防虫加工した鋼板と無処理の鋼板とを明るい所と暗い所で計4種類並べてみると、違いは歴然。ゴキブリを放つと、暗くて無処理の鋼板の上にはゴキブリがうじゃうじゃ集まり、苦手な人が見れば身悶える光景だった。ところが、防虫加工した鋼板には明暗どちらにも近づかず。阻害率は95%以上との結果が出た。

常温では無臭で、成分も人体に無害。課題は販路開拓だが、今はJFE鋼板が発売する鉄板タイプで電子レンジの下などに敷いて使われる程度。目下、高砂鉄工ではステンレスタイプをキッチン素材に利用してもらおうとメーカー中心に拡販に努めている。「ゴキブリは暗くて狭い場所を好むため、業務用冷蔵庫の背面や、(食品メーカーなどの)加工機械回りなどへの採用が検討されている」(同社)という。製品のモデルチェンジ期での導入が期待されている。
 
(山内哲夫 =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。