衝撃の小ささ!「iPhone 12 mini」驚きの実力

最新プロセッサー搭載、5G対応、カメラ2基搭載

Phone 12 mini。小さく薄く、軽いデザインながら、「2つのカメラ」「有機ELディスプレー」「5G」と、最新のスマートフォン機能を備えた1台だ(筆者撮影)

アップルは11月13日に、iPhone 12 mini(税別7万4800円~)、iPhone 12 Pro Max(税別11万7800円~)を発売する。iPhone 12 miniは、すでに11月6日から予約が開始されており、日本のSNSでもトレンドに入るなど、人気モデルになりそうだ。

その理由を探るべく、iPhone 12 miniの先行レビューをお届けする。

iPhone 12 miniは、近年のiPhoneおよびスマートフォン全体に欠けていた「小型」「軽量」を、アップルがシリコンレベルから解決した、非常に高度なデザインを楽しむことができる。同時に、2020年モデルのスマートフォンとして必要な機能をすべて盛りこむ、妥協しない性能であることも特筆すべきだ。

ラインナップの中で最も小さいが、だからこそ、2020年代のテクノロジーレベルを体験することができる、非常に大きな存在だ。

気分まで軽くなる小型軽量デザイン

iPhone 12 miniの最大の特徴は、名前のとおり、その「小ささ」だ。そして、この部分が人気の理由になっている。

サイズは高さ131.5mm × 幅64.2mm、厚さ7.4mm。一般にスマホの握りやすさは、幅と厚みが影響するが、2020年4月に発売され「小型・軽量」とされていたiPhone SEは幅67.3mm、厚さ7.3mmであったことを考えると、iPhone 12 miniのほうが小さくより握りやすい。

数字以上に、iPhone 12 miniの本体は小さく感じる。2014年から2019年モデルまでのiPhoneは、丸みを帯びた側面で、滑りやすく、大型化が続いてきた。しかしiPhone 12 miniは垂直な側面と上下の角の存在、そして2014年以降の新モデルで初めての小型化を実現し「新しいiPhoneは大きくて握りにくい」というイメージを払拭した。

サイズの小型化で、個人的にはパンツのポケットに入れてもシルエットに影響が出にくいというメリットがある。また、手が小さく、近年のiPhoneを両手で操作していた筆者にとっては、片手ですいすい操作できる久しぶりのiPhoneに、気分も軽くなる。両手で握るiPhoneに少し仰々しさすら感じていたからだ。

次ページ「軽さ」も際立つ
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT