トランプ大統領が「大善戦」した真っ当な理由

なぜマスコミも世論調査も再び間違えたのか

このデータにご注目されたい。

●Which one of these five issues mattered most in deciding how you voted for president?(下記の5つの政策項目のうち、大統領選投票で最も重視したのはどれか?)

                  比率 トランプ バイデン
Racial inequality(人種問題)     20%    8%   91%
The coronavirus pandemic (コロナ)17%  14%   82%
The economy (経済)         35%  82%   17%
Crime and safety (犯罪と治安)    11%  71%   28%
Health care policy (ヘルスケア)   11%  36%   63%

このデータは「人種問題がいちばん大事だと答えていたのは20%。そのうちトランプ氏に投票したのは8%、バイデン氏91%」というふうに読む。

エッセンシャルワーカーの最重要事項は経済だった

ある程度予想されていたこととはいえ、人種問題やコロナ対策、ヘルスケアなどを重視した有権者はバイデン氏に投票し、経済や治安を重視した人はトランプ氏に投票した。そして今回の選挙において、有権者がもっとも重視した政策は経済(35%)であった。コロナ(17%)よりも人種問題(20%)よりもそっちが上であった。

新型コロナウイルスにより、全米ではすでに23万人が死んでいる。そしてBlack Lives Matter運動が全米で盛り上がった。メディア報道は、どうしてもそっちのほうに偏ってくる。しかし多くの人にとって、とくにリモートワークと縁のないエッセンシャルワーカーの人々にとって、いちばん大事なことは経済であった。そういう人たちは、バイデンさんよりもトランプさんを選んでいた。だからこその大接戦だったのである。

2020年はつくづく異例の年である。しかし”It’s the economy, stupid!” (阿呆、経済だけでいいんだ!)の金言は、今年の選挙でもしっかり生きていた。なるほど、だからブルー・ツナミは来なかったのか、と納得している次第である(本編はここで終了です。次ページは競馬好きの筆者が週末のレースを予想するコーナーです。あらかじめご了承ください)。

次ページここからは競馬コーナー。週末は伝統のG2ハンデ戦!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT