トランプ大統領が「大善戦」した真っ当な理由

なぜマスコミも世論調査も再び間違えたのか

ここから先はいつもの競馬コーナーだ。

ここ3週間というもの、①史上初「無敗の3冠牝馬」誕生(秋華賞、10月18日)、②史上初「親子で無敗の3冠牡馬」誕生(菊花賞、10月25日)、そして③史上最多の芝G1、8勝馬の誕生(秋の天皇賞、11月1日)と、「感動のドラマ」が連続でお腹がいっぱいだ。

そこで、この週末はG1レースの谷間で、肩の力を抜いてアルゼンチン共和国杯(G2、8日東京競馬場11R、距離2500メートル)でひと勝負しよう。

アルゼンチン共和国杯はオーソリティで勝負

予想が難しい「ハンデ重賞」だが、基本的に強い馬が来る堅いレースである。細かいことを考えるよりも、素直に3歳馬オーソリティの応援馬券と行きたい。

ダービートライアルの青葉賞をレースレコードで制しており、世代最強馬の一角を窺う存在。しかしその後に骨折が判明し、長い休養を余儀なくされた。本当ならば菊花賞に出て、コントレイル(史上3頭目の無敗の3冠3歳牡馬となった)に挑んでほしかったくらいの逸材である。

骨折明けのレースにつき無理は禁物だが、鞍上がクリストフ・ルメール騎手というから期待が高まる。コントレイル級ではないにせよ、同期ではそれに次ぐと言われるサリオス級かもしれない。単勝で勝負しよう。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT