YouTube、あまりにも圧倒的な稼ぎ方のカラクリ

ジャニーズも頼る「20億人経済圏」の全貌

日本でもYouTubeの勢いは止まらない。同社で最高製品責任者を務めるニール・モーハン氏は昨年の東洋経済の取材に、「日本はグローバルでもトップ5に入る市場だ」と明言。ユーチューバー事務所大手のBitStarの調査によれば、今年10月現在、国内で登録者100万人を超えるチャンネル数は312、10万人以上のチャンネル数は4922と、ともに前年比で約8割伸びている。

芸能人の進出が加速

これまで目立ってきたのは「HIKAKIN」や「はじめしゃちょー」など、チャンネル登録者数で数百万人を超えるような人気ユーチューバーだ。ただ直近では、芸能人の活躍も目立つ。昨年はジャニーズ事務所の人気グループ「嵐」がチャンネルを開設し、今年はコロナ禍で活動が制限された芸能人の進出が相次いだ。YouTubeの仲條亮子・日本代表は、「(芸能人や歌手などから)YouTube活用の戦略について相談を受けることが増えた」と話す。

また、メイクアップやファッション、ゲーム実況、釣り、ゴルフといった趣味性の高いものや、英会話、フィットネス、料理、投資といった学びにフォーカスしたものなど、登録者が数十万人規模のチャンネルがユーチューバーの裾野を広げた。

ユーチューバーと視聴者の関係性が強いのも日本の特徴だ。先述のスーパーチャットの収益における世界トップ10のうち、7つが日本のチャンネルだ。今年3月には、ゲーム実況や音楽活動を行うユーチューバーユニット「M.S.S Project」が1度のライブ配信で約1億2000万円の投げ銭を集めた。

東京・渋谷のグーグルの日本法人社屋近くで建設中の「YouTube Space Tokyo」。ビル1棟に撮影スタジオなどが完備されている(写真:Google)

YouTubeは戦略的に、日本でも動画投稿を増やす取り組みを行う。社内には「音楽」(レコード会社やアーティスト)、「コンテンツパートナー」(メディアやエンターテインメント企業)、「クリエーター」(ユーチューバー)の3つの区分に分け、YouTube活用を支援する専門人材をそろえる。

今後の成長のカギを握るのが、裾野が広いクリエーター層の支援だ。誰でも見られるオンライン教材のほか、一定数以上のチャンネル登録者がいれば専属の担当者をつけたり、選抜過程を経て限定の講座に招待したりする。

こうした支援の拠点が、直営の撮影スタジオ「YouTubeスペース」だ。チャンネル登録者数が1万人以上であれば利用可能。従来はグーグルのオフィス内にあったが、渋谷のグーグル日本法人社屋近くにビル1棟を建設中だ。今夏に予定されていた開業はコロナ禍で延期されたが、大規模投資であることは間違いない。

日本でも世界でも、「世界最大級の動画経済圏」の成長はとどまるところを知らない。

『週刊東洋経済』11月14日号(11月9日発売)の特集は「YouTubeの極意」です。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT