スバル、新型「レヴォーグ」が背負った重大使命

不人気カテゴリーに最新技術をてんこ盛り

10月15日にスバルの新型レヴォーグの発表会は、JALの格納庫で行われた。レヴォーグは同社にとっては「日本専用のフラッグシップ」という位置づけの車だ(写真:SUBARU)

「上半期の国内販売実績は全需(自動車販売全体)にも負けて非常に見劣りする内容だった」。SUBARU(スバル)の中村知美社長はそう語った。

同社が11月4日に発表した2020年4~9月期決算(国際会計基準)は売上収益1兆2183億円(前年同期比24.1%減)、純利益が237億円(同65.3%減)となった。新型コロナウイルスの感染拡大で、販売台数が大幅減が響いた。

冒頭の中村社長の言葉が物語るように、国内販売台数は厳しい状況が続く。主力市場であるアメリカの販売台数は、5月から回復基調が鮮明となり、足元ではコロナ以前を超える水準となっている。一方、国内は5月に底を打ったものの、コロナ以前の水準まで回復していない。

そんな中、下期のスバルの国内販売を支える車がようやく出てきた。10月15日にスバルが発表した新型「レヴォーグ」だ。

最新技術がてんこ盛り

「新しい技術を惜しみなくつぎ込んだ」と中村社長が語る新型レヴォーグは、2014年の初代発売後、初のフルモデルチェンジで、今回が2代目となる。初代レヴォーグはヨーロッパでも販売したが、新型レヴォーグについては、海外での販売は予定していない。

今回のレヴォーグは新しい技術がまさに“てんこ盛り”だ。スバルの代名詞の1つである運転支援機能「アイサイト」は、新開発のステレオカメラに加えて、前後4つのレーダーを組み合わせるなど、これまで以上に幅広いシーンで安全運転をサポートする。

新型レヴォーグは一定の条件下で手放し運転が可能となる(写真:SUBARU)

さらに、より高度な運転支援機能「アイサイトX」を備えたグレードも選択できる。アイサイトXは高速道路など一定条件を満たした自動車専用道路で、時速50km以下のときに手放し運転(ハンズオフ)が可能となり渋滞時の運転をサポートするほか、ステアリングを制御して車線変更のアシストも行う。いずれもスバルとしては初の機能だ。そのほか、新開発の1.8L水平対向直噴ターボエンジンを採用する。

価格はエントリーモデルのGTが310万2000円(税込み、以下同)、走行性能に優れアイサイトXなども搭載した最上級グレードのSTI Sport EXが409万2000円。初年度の販売目標は月2200台ながら、8月20日から10月14日までの約3カ月で8290台の先行予約が入った。そのうちアイサイトXを含むオプションの設定率が93%に上るなど、新技術への期待の高さが伺える。

次ページステーションワゴンの衰退
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT