リモートで「感じがいい人とそうでない人」の差

相手への印象を劇的に変えるアナウンサーの技

ネット会議やプレゼンで相手への印象をアップするにはどうしたらいいのか(写真:pearlinheart/PIXTA)
オンライン会議が一気に普及した今、「画面上での第一印象」がとても重要になってきています。画面の向こうで自分を見ている人に、「好印象」をあたえるには、どうしたらいいのでしょうか? 
アナウンサー経験25年の白崎あゆみが、オンラインでの第一印象をUPさせる方法を具体的に紹介していきます(本稿は、白崎あゆみ箸『すごい! オンライン会話術』の一部を再編集したものです)

妥協したくないオンラインでの「映り方」

プレゼンをするとき、あなたの顔はどのように映っているでしょうか?男性ならば、一番かっこよく、女性ならば、一番きれいに映っていますか?SNSが発達し、初めて会う人にも、自分がどういう人間なのか、を調べられる時代になりました。今は、もう第一印象はオンライン上ともいえるかもしれません。 オンライン上の第一印象をアップするには、どうしたらいいのでしょうか?

最初に気をつけたいのは、映り方です。カメラの高さと目線の高さは、どのような位置になっていますか?アナウンサー時代、テレビニュースのカメラと目線の高さは、自分1人でスタジオに入り、自分がベストに映るポジションを探し、自分で調整しました。

オンラインのプレゼンでは、自分で自分の映りをベストにする必要があります。まず、あなたは画面の中央にいますか? 資料を見せるときや、後ろの背景にどうしても見せたいものがある、などの理由がないときは、中央に位置しましょう。

画面の向こうで見ている人からすると、理由なく左右非対称になっているものはとても気になります。せっかくのプレゼンに集中できなくなってしまうのはもったいないですね。

また、明るさは十分にありますか? リモートワークで、自宅などから、オンラインの画面に登場している人の中には、逆光になっていて、表情がまったく見えないほど、顔全体が真っ黒になって映っている人がたまにいます。

次ページどんな洋服を着るのがベストなのか
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT