リモートで「感じがいい人とそうでない人」の差

相手への印象を劇的に変えるアナウンサーの技

ネット会議やプレゼンで相手への印象をアップするにはどうしたらいいのか(写真:pearlinheart/PIXTA)
オンライン会議が一気に普及した今、「画面上での第一印象」がとても重要になってきています。画面の向こうで自分を見ている人に、「好印象」をあたえるには、どうしたらいいのでしょうか? 
アナウンサー経験25年の白崎あゆみが、オンラインでの第一印象をUPさせる方法を具体的に紹介していきます(本稿は、白崎あゆみ箸『すごい! オンライン会話術』の一部を再編集したものです)

妥協したくないオンラインでの「映り方」

プレゼンをするとき、あなたの顔はどのように映っているでしょうか?男性ならば、一番かっこよく、女性ならば、一番きれいに映っていますか?SNSが発達し、初めて会う人にも、自分がどういう人間なのか、を調べられる時代になりました。今は、もう第一印象はオンライン上ともいえるかもしれません。 オンライン上の第一印象をアップするには、どうしたらいいのでしょうか?

最初に気をつけたいのは、映り方です。カメラの高さと目線の高さは、どのような位置になっていますか?アナウンサー時代、テレビニュースのカメラと目線の高さは、自分1人でスタジオに入り、自分がベストに映るポジションを探し、自分で調整しました。

オンラインのプレゼンでは、自分で自分の映りをベストにする必要があります。まず、あなたは画面の中央にいますか? 資料を見せるときや、後ろの背景にどうしても見せたいものがある、などの理由がないときは、中央に位置しましょう。

画面の向こうで見ている人からすると、理由なく左右非対称になっているものはとても気になります。せっかくのプレゼンに集中できなくなってしまうのはもったいないですね。

また、明るさは十分にありますか? リモートワークで、自宅などから、オンラインの画面に登場している人の中には、逆光になっていて、表情がまったく見えないほど、顔全体が真っ黒になって映っている人がたまにいます。

次ページどんな洋服を着るのがベストなのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT