リモートで「感じがいい人とそうでない人」の差

相手への印象を劇的に変えるアナウンサーの技

オンライン用の照明は、たくさん発売されていますので、ぜひ購入して、照明を使って、画面の前に立ってください。ものによっては、シミやシワも消えて、写真を加工するアプリのようにきれいになるものがあります。

照明とあわせて、画面映りが良くなる洋服も選んでくださいね。自分に似合う・似合わない洋服と、画面で映える・映えない洋服は、まったく別物です。似合っていることが大前提ですが、写真や動画に撮ると、「なんとなく野暮ったい」「顔が沈んで見えてしまう」という洋服があります。その洋服を着ることによって、自分の顔がパッと明るい印象になるような洋服を選ぶといいでしょう。

細部にまでこだわる! 「背景」の選び方

会社でプレゼンする場合、リモートワークで自宅からプレゼンする場合など、プレゼンする場所はさまざまかもしれませんが、画面の向こうの人には関係のないことです。どこにいても、いつでも、同じパフォーマンスでプレゼンできるように、準備する必要がありますが、背景はどうすればいいでしょうか?

オンラインでのミーティングなどをすると、後ろがカーテンの人や、洗濯物が映っている人がいたこともありますし、生活感満載の背景を見かけることがよくあります。プレゼンやセミナーなど、初めての人にオンライン上で会うときに、生活感満載はよくないですね。番組や動画を制作するときは、背景、文字のフォント・大きさなど、人物以外の印象にも注意を払うことが必要です。

オンラインでプレゼンする場合、人物以外に配慮できるものがあるとしたら、背景です。最近では、バーチャル背景を選択できるものがほとんどですので、シンプルだけど、自分のプレゼン内容に合っている、画面の向こうの人が内容に集中できる背景にするといいでしょう。

同じ会社で、たとえばシリーズで不特定多数の人向けにセミナーなどをする場合は、みんなで同じ背景を使うと、画面の向こうの人にシリーズものであることが伝わります。毎週放送している番組や、定時に始まるニュースなども、その番組のカラーを背景や文字などで見ている人に伝えることで、シリーズものなんだな、という印象を与えます。

プレゼンする人が複数人いるときも、オンラインの画面上で、同じ背景で映るようにすると、見ている人にとって、とてもわかりやすいですし、親切ですね。

バーチャル背景が選べないのならば、シンプルな白い壁などが、画面の向こうの人の気を散らす心配がないので、安心です。背景をシンプルな白い壁にして、画面の横に花瓶に活けた花を飾っているような人もよく見かけますね。これは好みにもよるので、いろいろ試してみてください。

長く講師業をしている人が、動画撮影のために、カメラに向かって話すことになったら、まったく話せなくなる人がほとんどだと、聞きました。カメラの前は、人前とはそれだけ違う、特殊なことなんですね。プロンプターと呼ばれる機材で、カメラの前に文章を出していても、その文章を少しずつしか読めなくなってしまう人もいます。

次ページカメラの前で自然に話す「秘訣」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT