注目が集まるモンゴルの資源戦略、最大与党・人民革命党の若手リーダー、バルダンオチル議員に聞く

地下資源の豊富さから、世界的に注目度を集めているモンゴル。2010年2月下旬に笹川平和財団の招きで、同国から5人の有力国会議員が来日した。そのメンバーで、最大与党・人民革命党の若手リーダーであるドグソムジャブ・バルダンオチル氏(写真)にモンゴルの資源戦略について聞いた。

--モンゴルで最大のタバン・トルゴイ炭鉱(推定埋蔵量51億トンと世界最大級)の開発には、日本の総合商社をはじめ多くの多国籍企業が興味を示しています。開発計画をめぐる議論が、いよいよ大詰めを迎えました。

40億~50億ドルの投資が必要な巨大プロジェクトだけに国民の関心は高い。政府が取りまとめた計画をめぐって、4月5日から始まる春の国会で議論が行われることになる。個人的な見方だが、7月11日のナーダム(国民的な祭典)までに審議は終わり、何らかの決定が出ると思う。

タバン・トルゴイについては、埋蔵量の莫大さが判明して30年たつというのに、いまだに開発が実現していない。2008年の総選挙では、人民革命党も(同党と連立している)民主党も、鉱山開発による利益を国民に配分するという政策を掲げて戦った。

この選挙で人民革命党は単独過半数を確保したが、あえて民主党に大連立を呼び掛けた。それは2000年以降に政権交代が相次いだことが、資源開発を大いに妨げてきたという反省からだ。今回は速やかな決定がなされると思う。

--モンゴルの地下資源には、中国やロシアが強い関心を示しています。

経済産業省の幹部との意見交換では、モンゴル側から「日本の動きが鈍い」という指摘をした。中露はモンゴルにとって、動かすことができない隣国だが、経済面で緊密な「第三の隣国」も必要だ。日本にはぜひ第三の隣国として、モンゴルの資源開発に積極的に参加してほしい。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT