注目が集まるモンゴルの資源戦略、最大与党・人民革命党の若手リーダー、バルダンオチル議員に聞く

地下資源の豊富さから、世界的に注目度を集めているモンゴル。2010年2月下旬に笹川平和財団の招きで、同国から5人の有力国会議員が来日した。そのメンバーで、最大与党・人民革命党の若手リーダーであるドグソムジャブ・バルダンオチル氏(写真)にモンゴルの資源戦略について聞いた。

--モンゴルで最大のタバン・トルゴイ炭鉱(推定埋蔵量51億トンと世界最大級)の開発には、日本の総合商社をはじめ多くの多国籍企業が興味を示しています。開発計画をめぐる議論が、いよいよ大詰めを迎えました。

40億~50億ドルの投資が必要な巨大プロジェクトだけに国民の関心は高い。政府が取りまとめた計画をめぐって、4月5日から始まる春の国会で議論が行われることになる。個人的な見方だが、7月11日のナーダム(国民的な祭典)までに審議は終わり、何らかの決定が出ると思う。

タバン・トルゴイについては、埋蔵量の莫大さが判明して30年たつというのに、いまだに開発が実現していない。2008年の総選挙では、人民革命党も(同党と連立している)民主党も、鉱山開発による利益を国民に配分するという政策を掲げて戦った。

この選挙で人民革命党は単独過半数を確保したが、あえて民主党に大連立を呼び掛けた。それは2000年以降に政権交代が相次いだことが、資源開発を大いに妨げてきたという反省からだ。今回は速やかな決定がなされると思う。

--モンゴルの地下資源には、中国やロシアが強い関心を示しています。

経済産業省の幹部との意見交換では、モンゴル側から「日本の動きが鈍い」という指摘をした。中露はモンゴルにとって、動かすことができない隣国だが、経済面で緊密な「第三の隣国」も必要だ。日本にはぜひ第三の隣国として、モンゴルの資源開発に積極的に参加してほしい。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT