注目が集まるモンゴルの資源戦略、最大与党・人民革命党の若手リーダー、バルダンオチル議員に聞く

われわれからは、日本とモンゴルの間の経済連携協定(EPA)の締結と、地下資源開発への技術提供の2点を要望した。首相からはともに好意的な反応が得られた。

モンゴルが外国から受けた援助の累計は30億ドルだが、その半分は日本からだ。非常に感謝しているし、日本との関係は大事にしていきたい。

私は90年に、民主化後の最初の選挙で国会議員になった。そのとき、同僚議員とともに成蹊大学の広野良吉名誉教授から市場経済とは何かについてレクチャーを受けた。市場経済への移行過程で、そのアドバイスを反映できたところ、できなかったところと両方あるが、最初に教えてくれた広野先生にはとても感謝している。

※バルダンオチル議員は1963年生まれ。1994年にロシアで経済学博士号を取得した。最大与党である人民革命党の常任幹部会の一員で、同党内「民主・改革・伝統」派の副代表を務める。

(インタビューは2月24日に実施)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング