快進撃を続ける『モノクロ』、歯に衣着せぬ批評で10万部の月刊誌に

モノが売れない時代、商品情報をメインにした雑誌が急速に部数を伸ばしている。昨年3月に創刊された月刊誌『モノクロ』(晋遊舎)は、実売で10万部に迫る勢いだ。

パソコンやデジタル家電、雑貨などの商品情報を扱う雑誌は『日経トレンディ』(日経BP社)や『特選街』(マキノ出版)などいくつもある。『モノクロ』がそれらと一線を画す特徴は、歯に衣着せぬ批評。他誌がメーカーに遠慮して触れない欠点をズバズバと突き、「ダメなものはダメと正直に書くのが編集方針」(西尾崇彦編集長)で、ライバル誌が伸び悩む中、部数を伸ばしている。

商品を実際にテストして紹介するため、読者が知りたい使い勝手や機能面でのコメントが充実。商品を購入する際の比較情報としてだけでなく、読み物としても面白い体裁に仕上がっていることが、読者の獲得につながっているようだ。

最近ではメーカーや販売店から、販促資料やPOP広告に使いたいと転載許可を求められることが増えたという。辛口ゆえに高い評価を得た商品はセールスに使えるわけだ。

直近の4月号の特集はクレジットカードとアマゾン。デジタル家電やグッズだけでなく、「この1年で扱ってないのはクルマと住宅くらい」(西尾氏)で、企業にとっては手ごわいご意見番となっている。

(長谷川隆 =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。