「外資金融マン」その華やかすぎる暮らしの実態

石原さとみの結婚相手「普通の会社員」で注目

外資系金融機関に勤務している会社員の生活はどのようなものでしょうか(写真:PonyWang / iStock)

石原さとみさんの結婚相手である「普通の会社員」について、外資系金融機関に勤務している社員ではないか、と各種メディアで報じられています。

外資系金融機関には、知力・体力・コミュニケーション力などが、それぞれトップクラスでないと採用されません。採用時だけでなく社内で生き残るにも厳しい競争があります。生存競争を勝ち抜いた社員は、数千万円から数億円と言われる収入を得ることになります。

報道によると、石原さんの結婚相手の年収は約5000万円とされています。高収入の「外資金融マン」は、一般的にどのような生活を送っているのでしょうか。

「外資金融マン」はどんな仕事をする?

「外資金融マン」といっても、外資系金融機関の種類はさまざまです。ゴールドマンサックス証券を筆頭に、企業買収などM&A案件や資金調達に関与する投資銀行があります。

UBSやクレディスイスなどの外資系プライベートバンク。今は日本の個人向け事業から撤退していますが、シティバンクなどは外資系銀行です。ほかにも、プルデンシャルやメットライフなどの外資系生命保険会社、AIGなどの外資系損害保険会社、アメックスやVISAなど外資系信販会社もあります。

例えば投資銀行は、学校の勉強だけでなく自分の頭で考える「地頭力」も求められる業界です。深夜に及ぶハードワークもあり、体力も高水準で必要です。

そして何よりコミュニケーション力が高くなければ採用されませんので、「知力」「体力」「コミュ力」すべて高い人たちの集団であると言えます。

一生同じ会社に勤める人はほぼおらず、新卒で入社すれば数年後に同業他社や異業種に転じます。あるいはコンサル会社や日系金融機関、商社などからの転職もあるでしょう。

投資銀行出身として有名なのは、マネックス証券の松本大氏です。ほかにも上場企業の経営者や、上場企業のナンバー2であるCFO(最高財務責任者)が、投資銀行の出身である会社もいくつか存在します。

成功を収めれば、破格の報酬を得られかつ引く手あまた。30代、40代で稼ぎまくってアーリーリタイアメント生活に入る人もいるでしょう。

次ページFP不要?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT