老後に本当はいくら必要か 津田倫男著

老後に本当はいくら必要か 津田倫男著

定年退職後に経済的に困らないために最低限必要なおカネの具体的な算出方法と、老後を楽天的かつ前向きに過ごす方法を説いている。

企業アドバイザーである著者は、不安だからといってハイリスク・ハイリターンの金融商品に安易に手を出してはならないと注意を促す。大きな経済成長が見込めない日本で、簡単に資産を増やす方法などないとして、年金プラス月に数万円もあれば十分に暮らせることをさまざまな角度から検証。プラス数万円の具体的稼ぎ方も紹介する。

経済的な心配ばかりせず、社会との新たなかかわりを持つこと(趣味の充実、熟年企業、ボランティア活動など)で、充実した人生を過ごせるとも述べている。

祥伝社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。