老後に本当はいくら必要か 津田倫男著

老後に本当はいくら必要か 津田倫男著

定年退職後に経済的に困らないために最低限必要なおカネの具体的な算出方法と、老後を楽天的かつ前向きに過ごす方法を説いている。

企業アドバイザーである著者は、不安だからといってハイリスク・ハイリターンの金融商品に安易に手を出してはならないと注意を促す。大きな経済成長が見込めない日本で、簡単に資産を増やす方法などないとして、年金プラス月に数万円もあれば十分に暮らせることをさまざまな角度から検証。プラス数万円の具体的稼ぎ方も紹介する。

経済的な心配ばかりせず、社会との新たなかかわりを持つこと(趣味の充実、熟年企業、ボランティア活動など)で、充実した人生を過ごせるとも述べている。

祥伝社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT