英語業界でも流行「コーチング」は誰に向くのか

「ティーチング」「カウンセリング」との違いは?

ビジネスでも、新入社員などに「コーチング」をするのはよくないという意見もあります。「どうしたい?」「どうすればいいと思う?」と質問で引き出そうとしても、そもそも答えがないのではコーチングは成立しないということですね。

コーチングの語源は「馬車」!?

コーチングは、英語のcoachという単語から来ていますが、この語源はハンガリー語のKocsi(馬車)のよう。ハンガリーの街Kocs(コッチ)で、15世紀後半に大型の4輪馬車が開発されて「コッチの馬車」という意味だったそうです。

現在でもcoachには「馬車」という意味が残っていますが、基本的には昔の大型馬車を指すことが多いです。馬車以外の意味としては、飛行機などのエコノミークラスのことをcoach classと言うときにも使います。アメリカではあまり使われませんが、イギリスでは長距離バスのことをcoachと呼んでいます。そして、今回のトピックである指導者としての「コーチ」の意味もあります。

この「馬車」から、どうして指導者やコーチングの意味になったのかと言うと、乗客を目的地まで運ぶstage-coach(乗合馬車)からの比喩的な用法で、目標まで「運んでくれる人」をcoachと呼ぶようになったのがきっかけだと言われています。

「指導者」や「コーチ」が「乗合馬車」から転じた用法だとは、なかなか思いつかないですよね。それはそうとしても、コーチングが目標達成をするための手法であるというのは、もともとの言葉の意味が指しているものが、そのまま残っているということですね。

これに対して、レッスンで行われるティーチングは、どんな意味なのでしょう。teachという単語は、もともとは「見せる」という意味だったというのは、皆さんご存じですか。

この単語の語源は英語のtoken(しるし)で、さらにさかのぼると古英語のtacen(しるし)、ドイツ語のzeigen(見せる)なのだそう。先ほどの定義では、ティーチングは知識を与えるという行為。これは、もともとの単語の意味、「見せる」という行為に沿っているということですね。こちらも言葉そのものが表していた指導の形が残っているようです。

次ページトレーニングの語源は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT