電気自動車 「燃やさない文明」への大転換 村沢義久著

電気自動車 「燃やさない文明」への大転換 村沢義久著

電気自動車が自動車産業にまさに100年ぶりの大改革をもたらしている。日本では既存メーカーが先頭を切っているのに対し、アメリカや中国、インド、韓国では「スモール・ハンドレッド」とも呼ぶべき新興企業が、その推進役になっている。

もっとも、一気に自動車の「電気化」が進むのかというとそう簡単ではない。その普及には、バッテリーのコスト、「航続距離」などいくつもの越えるべきハードルがある。ただし、燃料電池車には重大な弱点があり将来性は疑問だ。

「物を燃やさなければCO2の排出はゼロ」の「燃やさない文明」達成のために、自動車の全面電動化、太陽エネルギーによる発電への転換を二本柱と説く「脱常識論」。

ちくまプリマー新書 756円

  

関連記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。