世界の富裕層が実践する「投資のルール」5つ

投資の成功には「自制の精神」が欠かせない

【ルール5】一度に大きく売買しない

新しく買ったり売ったりするときは、一度に売買してはいけません。感情に動かされるのではなく、複数回に分けて投資しましょう。

例えば、買いたい株式が下がっているとき、ついつい「いまがチャンスだ! 一気に儲けてやろう」と思ってしまうものです。

しかし、一度に買うことはおすすめできません。

10万円で買おうと思っているなら、まずは3万円だけ買う。

その後に下がったらまた3万円買う。さらに下がったら4万円買う。そうやって少しずつ買うのです。売るときも同様です。

どれだけ失敗を減らせるか

投資では想定外の出来事により、暴騰・暴落することがあります。全額を同じタイミングで投資してしまうと、万が一暴落したときに大損害を被る可能性があります。

世界のお金持ちは、投資に対して「いかに儲けるか」よりも「どれだけ失敗を減らせるか」を考えています。

「すでにお金を持っているから、そう考えられるんでしょ?」と思う人もいるかもしれませんが、それは違います。お金に“欲”を持ちすぎると、むしろ逃げていくことを感覚的にわかっているからです。うまくいきすぎているときほど、自制する精神を持つ。これが投資で成功するために必要なマインドです。

『世界のお金持ちが実践するお金の増やし方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

投資をするとき、「何%のリターンを目指す」といった目標を立てる人もいると思います。しかし、目標にこだわりすぎると、投資に対してネガティブな気持ちが強まります。とくに初心者にはこの傾向があるので注意してください。

例えば、目標リターンを10%に設定して、実際に5%しか得られなければ、どうでしょう。「自分は才能がない」「投資は向いていない」「やっぱり貯金が一番だ」などと思い込んでモチベーションが下がってしまいます。

そうなると、中長期で見れば上がる商品を売ってしまったり、日課にしていた情報収集をしなくなったり、アンテナを張る意識がなくなったり、いいことは何もありません。

利益の目標は立てず、余裕資金でリラックスして投資する。これが大切です。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT