未来思考 10年先を読む「統計力」 神永正博著

未来思考 10年先を読む「統計力」 神永正博著

ニュースは「目を引くように加工されている」とわかっていても、その真偽を生データや学術論文に丹念に当たって確かめようとする人はまずいない。しかしそれでは、「捏造される事実、操作される報道」のままになってしまうかもしれない。真偽を確かめるには、どうしたらいいか。著者は「統計探偵」の趣で指南してくれる。

たとえば、「首都直下大地震は起こるのか」。報道は2004年だが、「30年内に70%の確率で起こる」という内容だけに、検討価値はまだ十分にある。その発信源は「相模トラフ沿いの地震活動の長期評価」という報告。結局、本書で「70%よりずっと低い」という結論に至る一方、時間軸を伸ばせば可能性が高いことが教えられる。

むしろ本書の真骨頂は、少子化や格差社会の展望にあるのかもしれない。残念なことに、経済的社会的に広く目配りしていることが、論旨をわかりにくくしているところもある。

朝日新聞出版 1680円

  

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。