「核のごみ」問題、北海道で起きる深刻シナリオ

寿都町、神恵内村が最終処分場の調査に応募

北海道では2018年7月の札幌を皮切りに、旭川や函館、北見、帯広などで対話集会が開催されてきた。寿都町や神恵内村で対話集会は開かれていないが、「町からの要請で講師を派遣し、小規模な勉強会は開いた」(NUMO)という。

文献調査入りすると、住民との対話集会が活発化しそうだ(記者撮影)

かつてニシン漁で栄えた人口2900人あまりの寿都町は、いまでも漁業や水産加工業が主要産業だ。ウニやイクラの返礼品でふるさと納税の人気も高く、2018年度の納税件数は全国16位。一方、財政規模に占める借金の比率を表す実質公債費比率は13.6%(2018年度)と道内179市町村の中でワースト19位だ。

神恵内村は人口800人余りと、さらに小さい。北海道電力泊原発から半径30㌔圏内に位置し、原発立地自治体に交付される電源立地地域対策交付金を受けている。実質公債費比率は4.6%(2018年度)と、寿都町とは対照的に道内屈指の健全財政の自治体だ。原発マネーで潤う村ということもあり、住民の核関連施設へのアレルギーは薄い。

寿都町に存在する地下断層

もっとも、文献調査に手を上げた片岡町長らに、処分場を本気で誘致する意志があるわけではない。片岡町長は「処分場の議論に一石を投じたい。全国で手が挙がればいい」と繰り返し語っている。9日も記者から誘致の可能性を問われ、「順序を追って議論していくべき。焦る必要はない」と言葉を濁した。

両町村トップの意思とは別に、物理的に最終処分場の適地かどうかも疑問視される。寿都町には地下断層があり、神恵内村に至っては、ほとんどの地域が火山の半径15㌔圏で、処分場の立地には不適とされている。「神恵内村の南側はわずかに15㌔圏から外れていて、そこで可能かどうか検討する」(NUMO広報)としている。

次ページ他の自治体も一気に手を挙げるのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT