日本が「都市のIT化」で世界に遅れた苦い事情

「スマートシティ」が日本で実現しなかった訳

北海道洞爺湖サミットで、日本政府は「温室効果ガス排出量を2050年までに半減する」との長期目標を提案する。参加各国の合意は得られなかったが、このビジョンを実現すべく経済産業省では、ITを活用した経済構造改革に向けて、「2050研究会」を2008年10月に立ち上げた。

こうした一連の施策を安倍首相時代にお膳立てしたブレーンの1人が、経産官僚の前田泰弘氏(現・中小企業庁長官)と言われる。

スマートシティが日本で実現しなかった訳

2050研究会では、欧米とほぼ同じ時期にスマートシティやスマートグリッドなどの戦略を検討していた。半年ほど活動して最終報告書も作成されたが、未公開のまま解散した。

当時の資料はほとんど残されていないが、筆者の手元にある「2050研究会の提案~共有経済・共創社会の構築は可能か~Can we establish Sharing Economy and Co-creation Society」(2009年6月)と題した資料によると、アメリカでAirbnbやUberが創業したばかりの頃に、日本でもITを活用した「シェア経済」モデルの導入が検討されていた。

なぜ、2050研究会の報告書は公開されずに握りつぶされたのか――。

スマートシティの重要テーマにはエネルギーの有効活用がある。そのターゲットは電力の送配電網だった。欧州では、すでにデンマークなどの北欧で風力発電、スペインなどの南欧では太陽光発電などの再生可能エネルギーの普及が始まっていた。

風力、太陽光ともに発電量が不安定になるが、スマートグリッド(賢い電力網)であれば双方向に電力を融通することができる。これに電気自動車や家庭用蓄電池などがつなげ、電力を融通し合うスマートシティの将来像が描かれた。

しかし、こうしたスマートシティの将来像に強く抵抗したのが日本の電力業界だった。欧州型のスマートグリッドが導入されれば、発電事業と送配電事業を分離する「発送電分離」が一気に進む可能性がある。

「2050研究会には電機メーカーやITメーカーも参加していたが、大口顧客である電力業界に明らかに配慮していた」と、2050研究会に関わっていた経産省OBの伊藤慎介氏(現・リモノ社長)は証言する。

筆者も当時、前田氏に報告書を公開しない理由を聞いたが、言葉を濁しただけだった。結果的に、日本ではスマートシティ構想は具体化せずにしぼんでいく。

次ページ日本が停滞する一方で積極的な欧州
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT