日本が「都市のIT化」で世界に遅れた苦い事情

「スマートシティ」が日本で実現しなかった訳

シェア経済モデルで重要なポイントは、「新・前川レポート」で指摘した「開放的なプラットフォーム」を実現することだ。通信網はブロードバンド化によって、誰でも自由に低コストで利用できるようになり、インターネット革命が起こった。

電力網もスマートグリッド化して広く開放することで、第2のインターネット革命が期待されていた。自動運転システムなどで注目される道路網も、誰でも自由に通行できると思うかもしれない。

しかし、「管理主体が国、都道府県、市町村とバラバラで、実際の運用は警察が行っているため、新しいサービスを提供するハードルが高い」(伊藤氏)というのが実態だ。

スマート社会の実現に積極的な欧州

2009年9月に誕生した民主党政権は、マニフェストに再生可能エネルギーの普及とスマートグリッドの導入を盛り込んでいたが、明確なIT政策のビジョンがなかった。2011年3月の福島原発事故を機に、再生可能エネルギーの全量買い取り制度を導入。

HEMS(家庭用エネルギー管理システム)を設置したスマートハウスが登場したが、電気使用量を「見える化」しただけ。スマートグリッドの導入は先送りされ、エネルギー利用を効率化する取り組みは進まなかった。

日本のIT戦略が停滞する一方で、欧州ではEU(欧州連合)の新しい中期成長戦略「Europe2020」を2010年に策定した。その骨子は「知的な経済成長」「持続可能な経済成長」「(社会全体を)包括する経済成長」の3つに分け、「デジタル社会」、「気候変動・エネルギー・モビリティ」など7つのテーマごとに戦略実施を進めた。

ドイツ政府も、2011年に策定したハイテク戦略アクションプランで「インダストリー4.0」構想を打ち出す。スマート社会の実現に向けて、IoT、AIの導入の取り組みを始めた。

EUでは、2011年から新たなITプロジェクト「FI-PPP(次世代インターネット官民連携プログラム)」を5カ年計画で着手した。2014年にオープンソースの次世代インターネット「FIWARE(ファイウェア)」第1版をリリース、2016年にFIWARE財団を設立してサポートを開始した。

次ページ日本は世界の潮流に取り残される?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT