「トランプ批判」終始する米メディアが残念な訳

不都合な事実に目をつぶり、偏った報道を展開

報道機関やジャーナリストたちがそんなふうに振る舞うのなら、彼らは「アメリカ国民に、広く議論すべき事実を伝えていないことになる」とマルコムは言う。

「単に反トランプ派の活動のためのネタや、物議を醸すような攻撃材料を与えているだけだ……ワシントンのメディアは、大統領の発言をチェックする義務があると主張する。それは正しい。だが残念ながら、メディアはオバマ元大統領の言葉とトランプ大統領の言葉に同じ方法を当てはめるつもりはないようだ。

同じ方法を当てはめていれば、オバマはもっと批判されていただろう。国民皆保険を導入すると36回も約束したこと、アルカイダが逃亡しているというもっともらしい主張を何度も繰り返したこと、ロシアがもはやアメリカの重要なライバルではないと誤った指摘をしたこと、在職期間に政権にスキャンダルがいっさいなかったという奇妙な主張をしたこと」

ところが、民主党の大統領とそのプログレッシブ的な政策を報道するとなると打って変わった態度をとる。

トランプ支持者の怒りが理解できない

「ワシントンのメディアは、全体としてオバマの選挙や政策に共感している。確かにアフリカ系アメリカ人の当選は歴史的な快挙だった。それに引きかえ、トランプ支持者たちがトランプに託した怒り、私たちに伝えた怒りは、歴史的に見て衝撃的というわけではなかった。

『失われた報道の自由』(日経BP)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ほとんどの政治ジャーナリストはその怒りが理解できず、彼らのプロ意識は打ち砕かれた」とマルコムは書いている。

トランプ大統領に不利な情報を明かす者なら誰でも時の人として注目を浴び、トランプ批判を放送するために、全国メディアのいろいろな媒体を繰り返し与えられる。だが、それらはたいてい希望的観測、臆測、政党の擁護、匿名の情報筋の話だ。まったくの誤りのこともある。

例えば、トランプ陣営が2016年の大統領選挙でロシア政府と共謀したとする、民主党を支持するメディアが流したストーリーも、完全なつくり話という結果になった。

このストーリーは毎日のように朝から晩までテレビや新聞やインターネットで「報道」され、メディアが考え出したさまざまな陰謀、策略、疑惑、推測、仮定、結論が伝えられてきた。

ひと昔前の報道機関は、特定の政党を支持していることを正直に認めていた。そしてたいていの場合、どの新聞がどの政党や候補者を支持しているかを市民はわかっていた。

だが現代のメディア報道では、そうした情報の偏りに気づかず鵜呑みにする人もいれば、疑いの目を向けても「つくり話」が交じっていることを見抜けない場合もある。

つまり、報道機関が特定の政党を支持し、偏った報道をしていることを率直に認めないかぎり、私たちのほうで、報道内容を検討・精査し、選別していかなければならない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT