「トランプ批判」終始する米メディアが残念な訳

不都合な事実に目をつぶり、偏った報道を展開

メディアはトランプ大統領を批判し、人々の感情をあおっている(写真:ロイター/Kevin Lamarque)
2016年のアメリカ大統領選挙で、アメリカの主要メディアの多くがヒラリー・クリントンの勝利はほぼ確実と報道して、大恥をかいた。その背景には、米主要メディアや報道に携わるジャーナリストが民主党を支持し、報道などを通じて応援していたことがある。
一般市民は、報道に公平性と客観性を期待するが、アメリカの主要メディアはそこから大きく逸脱していると『失われた報道の自由』の著者マーク・R・レヴィン氏は批判する。
11月3日のアメリカ大統領選挙を前に、日本でもアメリカメディアのニュース報道に触れる機会が増える。その報道にどんなバイアスがかかっているのだろうか。
※本原稿は『失われた報道の自由』を抜粋・再構成しています。

あふれる「民主党支持」の論調

現代のメディアでは、報道に携わる人々自らが「報道の自由」を踏みにじっている。報道の自由が失われているのは、政府による弾圧や抑圧があるからでも、ドナルド・トランプ大統領がメディアを非難しているからでもない。原因は、放送局や新聞社、そこで働くジャーナリストたちにある。

かつて、ニュースといえば客観的な事実を集めたものだったが、いまは、社会運動やプログレッシブ集団(民主党急進左派を中心とする勢力。経済や社会などの問題解決で、政府による積極介入を志向)の意見、民主党を支持する論調で埋め尽くされている。

特定の意見やプロパガンダをニュースとしてまことしやかに流し、メディアがつくった「偽物」の出来事をあたかも事実のように報道し、ときにあえて事実を報道しないという選択をする。

不都合な事実には目をつぶり、偏った報道を行い、あからさまにうそをつく。中立かつ独自性を持つ視点は消え、大衆に受け入れられやすい、既存の価値観を強めるような報道が幅を利かせている。しかも、人々もそのことに気づいている。マスメディアの信頼性はかつてないほど地に堕ちている。

実のところ、大多数のアメリカ人は、そうした報道機関やジャーナリストを尊敬も信頼もせず、公平で信頼できる偏りのない情報源とは考えていない。

次ページ共和党支持者の8割はメディア不支持
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT