「トランプ批判」終始する米メディアが残念な訳

不都合な事実に目をつぶり、偏った報道を展開

ローガンは「自分にとってこの問題は、政治や政党支持に関することではない」と述べ、次のように続ける。

「ニューヨーク・タイムズ紙の元編集長、ジル・エイブラムソンは、最近の著書のなかでこう書いている。『私たちは毎日トランプについて何十本もの記事を書いているが、すべて否定的な記事だ。反トランプ派の主張を記録する新聞になってしまった』。本来、それは私たちの仕事ではない。

報道と政治的な立場は別もののはずだ。それなのに、私たちはまるで政治活動家になってしまった。プロパガンダを宣伝するツールになってしまったと言ってもいい。

もちろん、メディアには優れた点もあり、ルールとまでは言えないが、何かを伝える際には少なくとも二つの情報源から直接情報を入手するという慣習がある。そうすることで、一定の基準を満たす報道になる。ところが、こうした基準はもはや重視されない。

みなさんはたった一人の匿名の政府関係者や元政府関係者の証言に基づく報道を読んだり聞いたりしている。それはジャーナリズムではない」

ジャーナリスト仲間から追放された

しかし、ジャーナリストが同業者の仲間と手を切ってわが道を行くことはめったにない。そんなことをすれば、通常、そのジャーナリストのキャリアは台無しになるか、ほかの同業者から脅かされてしまうからだ。事実、このインタビューが広まったことで、ローガンはジャーナリスト仲間から追放され、個人攻撃を受けるようになった。

2018年1月15日、ベテラン報道記者でありコラムニストのアンドリュー・マルコムは、「アメリカの政治ジャーナリズムの残念な現状」として、メディアは徹底的かつ明白にトランプ批判を繰り広げ、人々の感情をあおって分断を生み出していると語った。

記事のタイトルは、「トランプ批判に熱中するメディアが国民の怒りと疑いに火をつける」。その中でマルコムはこう述べている。

「現在の政治ジャーナリズムのほとんどは、ドナルド・トランプ大統領に反論するために、恣意的に選んだ記事や引用や背景情報を使ったり、あるいはあえて使わなかったりして、大衆をあおる報道をしている。

たいていの場合、批判の中心はトランプが行ったこと、行うと言ったことである。あるいは、一般的には素性を明かさない第三者が『トランプがこうするかもしれない』『する可能性がある』と言ったことだ。

そしてジャーナリストたちは芝居がかった様子で、反トランプ派が予想通りに撤回を求めて怒りの言葉を吐くことを待ちかまえ、その様子を取材しようと駆けつける」

次ページ反トランプ派の活動のためのネタ提供
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT